データでわかるバイナリーオプションは損・大損している人が多い スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > FX・バイナリーオプション暴露話 > データでわかるバイナリーオプションは損・大損している人が多い

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【管理人の利用FX口座】

【限定タイアップ一覧】

【管理人の愛用ツール】

【初心者おすすめツール】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

データでわかるバイナリーオプションは損・大損している人が多い


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


レバレッジ付き定期外貨取引 儲かる 儲からないという記事で

SBI FXトレード

レバレッジ付き定期外貨取引」が利益口座割合の高い

サービスだということをお伝えしました。


以下が比較した図です。

レバレッジ付き定期外貨取引儲かる儲からない

上の図で気になったのが、

バイナリーオプションの利益口座割合が異常に低い点です。


ということで金融先物取引業協会に掲載されている

データを調べてみました。

BO月次総括表」というものが毎月公開されています。

BO=バイナリーオプションです。

バイナリーオプション大損儲からないことがわかるデータ1

まず、取引実績口座数ですが、

約15,000→約11,000へと

2015年1月と比較して、3分の2近くまで減少しています。

いわゆる「退場」で、人が減っていったのでしょうか?


以下の図もご覧ください。

バイナリーオプション大損儲からないことがわかるデータ2

バイナリーオプション大損儲からないことがわかるデータ3

右側の部分の「損失顧客率」が、

1か月間で口座残高の減少した顧客、

つまり、損をしている顧客の数なのですが、

70~80%の高い割合
となっています。


毎月、7割~8割の顧客が損をして、

その損がサービス提供側の利益になる金融商品ってどうなんでしょうね。


つまり、このデータを見る限り、

バイナリーオプションは利益を出している人よりも、

損失を出している人の方が圧倒的に多い
ということがわかります。


今回は伏せ字にしましたが、

このデータを見ると、どこのバイナリーオプション業者が

利益を出している人が多くて、損を出している人が多いのかは

一目瞭然ですね。

私の嫌いな2社は、損失顧客率が80%を何度も超えていますね

ある意味、さすがだと思いました。


今回のデータについて詳しくお話しました動画を

YouTubeにもアップロード済みです。

動画はこちらです。



上の動画が表示されない方はこちらからどうぞ

私がYouTubeに投稿した動画一覧はこちら


注目記事。   レバレッジ付き定期外貨取引 口コミ

YJFX 顧客情報漏えい事件 補償なし  トレードコレクター 悪評



     

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

管理人プロフィール

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示