FXブロードネット ブロードコース ブロードライトコース 違い スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > FXブロードネット評判 > FXブロードネット ブロードコース ブロードライトコース 違い

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

FXブロードネット ブロードコース ブロードライトコース 違い

 投稿日:2016.08.25 | 最終更新日:2016.12.16

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


外為オンラインアイネットFXなどと同じ、

FX業界大手のISホールディングス傘下の

FXブロードネット

FX業者としての信頼度はとても高いです。


口座があると利用できる

リピート系FXトラッキングトレードも人気です。

トラッキングトレードバナー

操作方法の一例です→トラッキングトレード 使い方


そのFXブロードネット(FXトレーディングシステムズ)の

新規口座開設をしようとすると

ブロードコース」と「ブロードライトコース」の2種類あるので、

違いがわからなくて、戸惑われた方も多いのでは?


スプレッド、最大レバレッジ、取引できる通貨ペア数など、

基本的な取引ルールは同じです。


大きく違う点はブロードコースは

米ドル円の場合は最小取引単位は10,000通貨
から、

ブロードライトコースは

米ドル円の場合は最小取引単位は1,000通貨
からです。


あともう一つ違う点は

ブロードコースは

1注文あたりの最大取引数量は500ロット


ブロードライトコースは

1注文あたりの最大取引数量は最小取引単位は300ロット
です。

ブロードコースブロードライトコース違い

10,000通貨以下の取引をされる場合は、

ブロードコースを選ぶ、ということになる方が多くなると思います。


ただ、タイアップキャンペーンのことを考えると、

ブロードコースの方が3,000円分の

図書カードがもらえるのでお得
です。


*追記 

ブロードコースを開設した後でもブロードライトコースを、

ブロードライトコースを開設した後でもブロードコースを、

あとで追加で口座開設することが可能です



FXブロードネット(FXトレーディングシステムズ)社と

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中!


タイアップ専用バナーからの

新規口座開設と条件を満たしますと、コースに応じて、

1000円or3000円分の図書カードがもらえます。

口座開設後、3万円以上入金」なので、取引をしなくてももらえます

タイアップキャンペーンの詳細・申込はこちらのバナーからどうぞ。

FXトレーディングシステムズ

上のバナーが表示されない方はこちら→FXブロードネット

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→FXブロードネット タイアップ

FX口座の開設方法→FX初心者のためのFXの始め方

当ブログ限定タイアップキャンペーン一覧→スノーキー FX タイアップキャンペーン


注目記事。  ループ・イフダンとは?  トライオートFX 評判

トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較

関連記事


◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【YouTubeチャンネル】

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム