トラリピ トライオートFX どっちがいい?手数料で比較 スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > マネースクウェア・ジャパン評判 > トラリピ トライオートFX どっちがいい?手数料で比較

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【管理人の利用FX口座】

【限定タイアップ一覧】

【管理人の愛用ツール】

【初心者おすすめツール】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

トラリピ トライオートFX どっちがいい?手数料で比較


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


FX リピート系注文 比較では、

トラリピ」とインヴァスト証券「トライオートFX」の両サービスの

スプレッドと直接的な売買手数料の比較が出来ます。


リピート系FXの中でも

インヴァスト証券「トライオートFX」

中級者以上なら、かなり満足度の高いサービスだと思います。

個人的には潜在能力の高さはNO.1だと思います。




今回はトラリピとトライオートFXの、具体的な取引コストを

1万通貨取引時のスプレッド1銭を100円として、

両者の取引コストの差を算出して、どっちがいいのか?を考えてみます。

FXリピート系注文取引コスト比較一覧表金額改

まずは、トラリピです。

米ドル円で1万通貨で一回往復取引した場合は以下のように、

900円の取引コストがかかります。

仮に2000円の分の値幅を獲得できた場合の

利益は1100円になります。 *2000‐900=1100円

トラリピ取引コスト1万通貨で一往復取引した場合2


次はインヴァスト証券「トライオートFX」

米ドル円で1万通貨で一回往復取引した場合は以下のように、

230円の取引コスト(スプレッド+取引手数料)がかかります。

仮に2000円の分の値幅を獲得できた場合の

利益は1770円になります。 *2000‐230=1770円

トライオートFX取引コスト1万通貨で一往復取引した場合


さらにご覧いただきたいのは次です。

リピート系FXでは

1000通貨取引で運用をしたい方も多いのでは?


1000通貨で10回=合計1万通貨取引時には、

トラリピの場合は以下のようにコストが跳ね上がります。

トラリピ取引コスト1000通貨で十往復取引した場合3

仮に2000円の分の値幅を獲得できた場合の

利益は700円になります。  *2000‐1300=700円


1000通貨で10回=合計1万通貨取引時には、

インヴァスト証券「トライオートFX」

1万通貨で1回取引した時よりも取引コストは

少し高くなってしまいます。

トライオートFX取引コスト1000通貨で十往復取引した場合

仮に2000円の分の値幅を獲得できた場合の

利益は1570円になります。 *2000‐430=1570円


リピート系FXはその名の通り、

注文をリピート=繰り返すので長期間運用を続けるほど、

取引コストは膨大な金額
になります。


取引コストという点で比較した場合、

トライオートFXの圧勝
でした。


また、トライオートFXは選ぶだけのFXの機能もあり、

初心者~上級者まで幅広い層にとって

対応できるサービスだと思います。

詳しく書いた記事はこちら→トライオートFX 評判


トライオートFXと当ブログ限定タイアップキャンペーン中!

タイアップバナーからの新規口座開設で特典付きです!

タイアップバナーはこちら。



上のバナーが表示されない方はこちら→インヴァスト証券「トライオートFX」

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→トライオートFX タイアップ


その他の比較比較。

トラリピ ループ・イフダンどっちがいい?手数料で比較

トラリピ トラッキングトレード どっちがいい?手数料で比較


注目記事。  マネーパートナーズ 連続予約注文 評判

JNB-FX PLUS 連続IFDOCO注文 評判  トラリピ 儲かる 儲からない



     

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

管理人プロフィール

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示