FX攻略法 材料出尽くしとサプライズ狙い 指標トレード スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > FX必勝法・攻略法 > FX攻略法 材料出尽くしとサプライズ狙い 指標トレード

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【管理人の利用FX口座】

【限定タイアップ一覧】

【管理人の愛用ツール】

【初心者おすすめツール】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

FX攻略法 材料出尽くしとサプライズ狙い 指標トレード


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


ブログ記事にするのが遅くなってしましたが、

2016年のゴールデンウィーク前に、

米ドル円・クロス円で急激な円高進行がありましたよね。

20160513米ドル円日足

その材料となったのが、

重要指標の日銀の「金融政策決定会合」でした。


FX・指標発表時刻の調べ方→FX 指標発表 要人発言 リアルタイム


次の米ドル円4時間足をご覧ください。

20160513米ドル円週足ネガティブサプライズ狙い

チャート画像はメタトレーダー4のものです。  メタトレーダー4とは?


実は、追加緩和期待で、

米ドル円は発表前にある程度上昇していたんですね。


ですが実際には追加金融緩和は見送られ、

市場の予想を裏切った形となり

ネガティブサプライズで、円買い・円高進行
となりました。


では、市場が期待を持って

事前にある程度上昇していて、

実際に追加緩和が発表されていたら、

どうなっていたと思いますか?



歴史の世界と同様に、

投資の世界で「たら」「れば」の

仮定の話は良くないことかもしれませんが、

私はどっちみち下がっていたと思います。

もしくは発表直後は上がったとしても、その後下落したと思います。


どうしてそう思うかというと、

市場が事前に期待をして上昇しているのなら、

その通りになった場合は「材料出尽くし」で下がることが多いです。


また逆に、市場が悪い結果になることを見越して事前に

大きく下落しているのなら、

悪い結果が発表されても「悪材料出尽くし」で上がることが多いです。

材料出尽くし狙い指標トレード1

材料出尽くし狙い指標トレード2

今回のブログ記事で最もお伝えしたいことは、

事前にあまり動いていない場合の

為替の値動きの予測は難しいですが、

先に為替の方が走り出している時は

チャンスの場合がある
ということです。


もちろん、市場の予想を

はるかに上回るような結果や内容が発表された場合は、

さらに上昇・下落がする可能性もあることは

頭に入れながらトレードしてくださいね。

*投資に関する最終決定はご自身の判断と自己責任でお願いします


レバレッジ付き定期外貨取引が話題!

上場企業SBIホールディングス傘下、

SBI FXトレードと当サイト限定タイアップキャンペーン中!

こちらのバナーからの口座開設で特典付きです。



上のバナーが表示されない場合はこちら→SBI FXトレード

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→SBI FXトレード タイアップ

当サイト限定タイアップ一覧→スノーキー FX タイアップキャンペーン


注目記事。   ループ・イフダンとは?  トラッキングトレードとは?

トラリピ ループ・イフダンどっちがいい?手数料で比較



     
2016/05/13(金) FX必勝法・攻略法

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

管理人プロフィール

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示