FX 店頭取引 くりっく365 違い スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > くりっく365比較・評判 > FX 店頭取引 くりっく365 違い

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

FX 店頭取引 くりっく365 違い

 投稿日:2016.03.15 | 最終更新日:2016.03.15

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


日本国内のFXの取引形態は

大きく分けて二つあります。

一つ目が「くりっく365」が提供する「取引所取引」です。

FXくりっく365イメージ図

上のイメージ図のように、

東京金融取引所の提供する「くりっく365」に

複数のFX会社が、

私たちと取引所を仲介するような形で参入しています。


メリットとしてよくあげられるのは、

提示レートの透明性です。

が・・・それよりもデメリットであるスプレッドの広さの他、

片道数百円程度の

直接的な手数料もかかっていました

(*今はラージ以外は実質廃止になりました)。

くりっく365


一方の「FXの店頭取引」を提供するのが

店頭業者・相対業者・OTC業者とも呼ばれますが、

今のFXの主流は、後者のこちらです。

FX店頭取引イメージ図

FX業者が提示するレートで、私たちは直接取引します。

FX業者各社によって、配信されるレートにはばらつきがありますが、

スプレッドはかなり狭く

このような水準の提供も可能になっています→SBI FXトレード


また、取引ツールやサービス内容にも個性が出しやすいのが、

店頭業者の方です。

これらはすべて店頭業者です→選ぶだけのFX  FX リピート系注文 比較


こちらの動画でもお話しましたが、

はっきり言って、くりっく365を選ぶ理由はほとんど見当たりません



提示レートの透明性の透明性が気になる方は

こちらのFX業者を選ぶのも良いかと思います→ウルトラFX


また、上場企業を選択するというのも良いでしょう→FX 上場企業


FXを始める際に

店頭取引・店頭業者とくりっく365のどちらが良いですか?」と聞かれたら 、

私は迷わず店頭取引・店頭業者をおすすめします。


特に短期売買などで取引を繰り返す方は、

取引コストの差がかなり変わってきますよ


比較一覧表はこちら→FX 比較 まとめ


注目記事。   外為どっとコム 連続注文 レビュー  FX 法人口座 比較 2016  

セントラル短資FX ウルトラFXタイアップ  トラッキングトレード 本 書籍

関連記事


◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【YouTubeチャンネル】

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム