外為オンライン L25とL25Rの違い どっちがいい? スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > 外為オンライン評判 > 外為オンライン L25とL25Rの違い どっちがいい?

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【リピ系FX確定損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

外為オンライン L25とL25Rの違い どっちがいい?


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


サイクル注文 iサイクル注文 1000通貨という記事で、

外為オンラインには、

1000通貨取引対応の「L25Rminiコース」「L25miniコース」と

1万通貨取引からの「L25Rコース」「L25コース」の

合計4つのコースがあることに軽く触れました。


こちらの下の方に選択項目がありますよね→外為オンライン


そもそも、FXには私たちの証拠金を守るために

強制ロスカット・強制決済」などと呼ばれる、

損失が大きく広がる前に

ポジションを決済してくれる仕組みがあることは、

以前にこちらの記事で書きました。

FX 強制ロスカットとは?

FX強制ロスカットの仕組み

また「追証(おいしょう)」とも呼ばれる

追証(追加証拠金)制度」のある・なしの

メリット・デメリットについても過去にこちらで書きました。

FX 追証ありとなし どっちがいい?


前置きが長くなりましたが、

L25Rコース」「L25Rminiコース」の

Rのついている方の、

私が作成したイメージ図です。

外為オンラインL25R・L25Rmini

証拠金判定は随時行われていて、

証拠金維持率が100%を切った時点で

ポジションはロスカット・・・つまり決済されます。


こちらは、この後ご紹介する後者と比較して、

証拠金が残りやすいというメリットがありますが、

ロスカットまでの判定基準が早いというデメリットがあります。


では、後者の「L25コース」「L25miniコース」の

私が作成したイメージ図をご覧ください。

外為オンラインL25・L25mini

証拠金維持率が20%を切るまで、

ポジションはロスカット・決済されません


なので、資金効率はこちらのコースの方が良いという考え方も出来ます。


ただし、ロスカットされたときに

手元に残る証拠金は少ないというデメリット
があります。


また、こちらのコースでも、

1日に1回、日本時間早朝の

証拠金判定時刻」(*時刻は公式HPをご覧ください)に

証拠金維持率が100%を割っていたら強制決済されます。


週末持越しや、

スイスフランショックなどのショック安時などの

窓空けや急激な為替変動のリスクに耐えたいのなら、

前者の「R」の付いた方がコースの方が良いでしょう。


一時的な為替の急落・急騰でも、

ロスカットに耐えやすいのは

後者の「R」の付いていない方のコースです。

証拠金判定時刻」までに為替レート・証拠金維持率が

V字回復すれば、ポジションは手元に残りますからね。


それぞれのリスクやメリット・デメリットを考えて、

コースを選ばれるとよいかと思います。

私は「R」がついている方がリスクコントロール面で好きです。


外為オンラインの新口座開設はこちらからどうぞ→外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン

FX口座の開設方法の一例→FX初心者のためのFXの始め方

その他の会社も含めたロスカットルール比較→FX ロスカットルール 比較


こちらの「ループ・イフダン」も大変人気です→シストレi-NET

その他のリピート系FX比較一覧→FX リピート系注文 比較


注目記事。  FX 確定申告の際に忘れがちなもの

SBI証券 SBI FXトレード どっちがいい?  サイクル注文 iサイクル注文 始め方



     
2016/02/23(火) 外為オンライン評判

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム