レバレッジ付き定期外貨取引 口コミ スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > 積立FX(レバレッジ付き定期外貨取引) 評判 > レバレッジ付き定期外貨取引 口コミ

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

レバレッジ付き定期外貨取引 口コミ

 投稿日:2016.01.06 | 最終更新日:2017.05.28

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


2016年・年始からの株安、

そして、円高進行が止まりません。

20160106米ドル円日足

チャート画像はメタトレーダー4のものです。  メタトレーダー4とは?


このような円高方向に為替が動いていった時には

こちらのYouTubeの動画でも

お話しましたがSBI FXトレード

レバレッジ付き定期外貨取引」の

定期自動購入が強みを発揮します。

*追記 「レバレッジ付き定期外貨取引」は「積立FX」という愛称がつきました



上の動画が表示されない方はこちらからどうぞ

私がYouTubeに投稿した動画一覧はこちら


外貨預金の場合は、そのスタート(預入)の時の為替レートで

外貨を購入することになります。

もしも米ドル円の為替レートが

125円などの高値で始めてしまったら、

為替差損(含み損)を抱え続ける可能性
もあります。


一方の「レバレッジ付き定期外貨取引」の場合は、

自動購入の機能があるので、

為替の変動によるリスクヘッジができます。


例えば為替レートが、

120円の時に1万通貨、

さらに115円の時に1万通貨、

110円の時に1万通貨の計3万通貨を保有していれば、

その平均取得単価(為替レート)は115円ですよね(*スプレッドなどは考慮せず)。

レバレッジ付き定期外貨取引口コミ

一般的なFXと比較しても、

長期投資として考えた場合は特に、

レバレッジ付き定期外貨取引」には、

そういったメリットがあるということです。


自動購入という機能は非常に便利ですよね。


その他の特徴などは

SBI FXトレード レバレッジ付き定期外貨取引とは?

レバレッジ付き定期外貨取引 外貨預金と比較

レバレッジ付き定期外貨取引 いくらから?必要資金でも

書きましたので興味のある方はご一読ください。


SBI FXトレードの

新規口座開設はこちらのバナーからどうぞ。



上のバナーが表示されない場合はこちら→SBI FXトレード


注目記事。  ループ・イフダン 2016年 戦略と検証  FX 売買比率が見られるツール

sbi証券fx sbifxトレード 違い  FX 指標発表 要人発言 リアルタイム

関連記事


◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム