トラッキングトレード 使い方 スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > トラッキングトレード評判・検証 > トラッキングトレード 使い方

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【管理人の利用FX口座】

【限定タイアップ一覧】

【管理人の愛用ツール】

【初心者おすすめツール】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

トラッキングトレード 使い方


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トラッキングトレードとは?という記事で

その魅力について詳しく書きました

FXブロードネットが提供します

リピート系FXの「トラッキングトレード」。


その使い方の一例です。

ご利用にはこちらに口座が必要になります→FXブロードネット


*追記 後日、以下の動画でも解説しました




今回はPCツールのFXTS TRADERからの手順です。

まずはツールを立ち上げます。

トラッキングトレード使い方

上部に色々なアイコンがありますが、

その他」をクリックすると

トラッキングトレード」の新規ウィンドウが立ち上がります。

トラッキングトレード使い方2

次に「トラッキングトレード(登録)」をクリックすると

次のウィンドウが開きます。

トラッキングトレード使い方3

まずは取引したい通貨ペアを選択しましょう。

トラッキングトレード使い方4

次に「ボラティリティ参考期間」で、

半年なら半年など

期間中の価格変動幅を算出することも出来ます。

トラッキングトレード使い方5

もしくはご自身で判断した「想定変動幅」に

値幅を入力することも可能です。

トラッキングトレード使い方6

そして、新規注文可能額の中から、

トラッキングトレード」で運用する対象資産を入力して、計算ボタンを押します。

トラッキングトレード使い方8

注文数」「ポジション間隔」などと

計算された「注文可能ロット数」が出てきますので、

任意の注文ロット数を入力して「登録」が

完了すると、稼働スタートとなります。


トラッキングトレードの特徴として、

想定変動幅が広い」「対象資産を減らす」と

注文間隔が広くなり、最大保有ポジション数が少なくなります


またその逆で

想定変動幅が狭い」「対象資産を増やす」と

注文間隔が狭くなり、最大保有ポジション数が多くなります

トラッキングトレードの特徴

テキストで記事を読むだけではピンとこないと思いますので、

まずはリアル口座の設定画面で

色々とシミュレーションしてみるのが良いと思います。


トラッキングトレードが利用できる

FXブロードネットの口座開設はこちら。

FXトレーディングシステムズ


注目記事。   トラッキングトレード ループ・イフダン 違い

シストレ24 トライオートFX 違い  トライオートFX 評判



     

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

管理人プロフィール

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示