トラリピ ループ・イフダン 1000通貨 手数料比較 スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > ループ・イフダン評判・検証 > トラリピ ループ・イフダン 1000通貨 手数料比較

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【管理人の利用FX口座】

【限定タイアップ一覧】

【管理人の愛用ツール】

【初心者おすすめツール】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

トラリピ ループ・イフダン 1000通貨 手数料比較


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


以前に

トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較という記事で、

マネースクウェア・ジャパン」の「トラリピ」と

シストレi-NETの「ループ・イフダン」との

取引手数料とスプレッドを合計した取引コストの比較をしました。

ループ・イフダンの圧勝でした。


ですが実は、

あの記事では1回の発注数量が1万通貨以上で算出していました。

1000通貨取引等、1回の発注数量が1000通貨取引の場合、

トラリピ」の取引コストはさらに高くなります。

トラリピ1000通貨取引取引コスト

トラリピの1000通貨取引は手数料がさらに高いで指摘しました。


今回の記事では米ドル円で

1000通貨取引で合計1万通貨分往復取引した場合の

売買手数料とスプレッドを合算したもので比較したいと思います。


ちなみに「トラリピ」の売買手数料は往復かかり、

1000通貨取引時は50円で、1万通貨分だと500円、

それが往復だと1000円になります。 

プラスアルファで、スプレッド4銭分もかかってきます。


ということはトラリピは、

米ドル円1万通貨の場合、間接的な手数料のスプレッド4銭程度と

別途手数料1000円が必要です。

スプレッド1銭を100円と換算すると1取引1400円の手数料です。

トラリピ ループ・イフダン 1000通貨 手数料比較

一方のシストレi-NETの「ループ・イフダン」は

米ドル円スプレッド2銭で別途手数料はかからないので、

比較した手数料の差は1200円の開きがあります。


それぞれ20銭の値幅を獲得した際の

利益の金額の差を出したのが以下の図です。

トラリピとループ・イフダン1000通貨利益比較

トラリピ」は600円の実利なのに対して、

ループ・イフダン」は1800円の実利ということになります。


なんと、利益が3倍も変わってきます。


今回は利益が出たと仮定したお話でしたが、

20銭値幅の損失が出た場合だと

トラリピ」は3400円の損失

ループ・イフダン」は2200円の損失となります。


FXのリピート系注文

トラリピ」との比較記事は

引き続き、公開していきたいと思います。


ループ・イフダンが利用できます

シストレi-NETの解説はこちら→シストレi-NET

新規口座開設はこちらからどうぞ。

アイネット証券

その他のリピート系注文比較→FX リピート系注文 比較


リピート系注文にこだわらなければ、

こんなに手数料の安い業者もあります→SBI FXトレード


注目記事。   アイネットFX タイアップ  ループ・イフダン 1000通貨

ループ・イフダン 始め方  トラッキングトレードとは?  シストレi-NET タイアップ



     

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

管理人プロフィール

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示