FX 追証ありとなし どっちがいい? スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > FX初心者入門 > FX 追証ありとなし どっちがいい?

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【管理人の利用FX口座】

【限定タイアップ一覧】

【管理人の愛用ツール】

【初心者おすすめツール】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

FX 追証ありとなし どっちがいい?


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


FX 投資で大損と退場の分かれ道という記事に続く、

FX初心者の方に是非読んでいただきたい、

知っておいていただきたいブログ記事です。


FXには、証拠金以上の損失が出にくくするための仕組みの

強制ロスカット」という仕組みがあります。

こちらで解説しました→FX 強制ロスカットとは?


その強制ロスカットにいたるまでの制度は

FX業者により異なること
はご存知でしょうか?


大まかに分類分けすると、

追証(追加証拠金)制度のない業者

追証(追加証拠金)制度のある業者」です。


追証(追加証拠金)制度のない業者」のイメージ図です。

追証制度のないFX業者の例

制度のないFX業者の場合、

証拠金維持率(ログイン画面のどこかに表示されています)が、

100%を下回ると、すぐに強制ロスカットされてしまいます。

もちろん、強制ロスカットの時点でポジションは決済されているので、

為替レートが回復しても、ポジションはもうありません


一方の「追証(追加証拠金)制度のある業者」のイメージ図です。

追証制度のあるFX業者の例

100%のラインを割り込んだ時点で、

それを埋める追証(追加証拠金)が発生します。

判定時刻(日本時間早朝・NYクローズが多い)までに

100%以上の状態に回復(入金)すると、ポジションは決済されません


ただし、追証発生ラインのさらに下に

50%などに強制ロスカットラインが設定されていることが多いので、

予想・保有ポジションと反対方向に大きく動くと

追証を埋める(入金する)間もなく強制ロスカットがされる場合もあります。


で、本題のどちらが良いのか?ですが、

証拠金を守ってくれるという点では

100%を割り込んだら、

すぐに強制ロスカットを執行してくれる業者

追証制度のない業者の方が良いです。


強制ロスカットされにくいという点では、

追証制度のあるFX業者の方がメリットとして感じる方もいらっしゃると思います。


私の場合は、法人口座でレバレッジ数百倍のリスクの高い取引をしていますので、

リスクコントロール優先で、

証拠金維持率が100%を割り込んだ時点で

強制ロスカットをしてくれるヒロセ通商を利用しています。



タイアップキャンペーンの詳細はこちら→ヒロセ通商 タイアップ


記事の例として出てきました、

2段階の判定ラインがあり、

追証制度のあるFX業者はDMM FXです。




当ブログ限定タイアップ一覧→スノーキー FX タイアップキャンペーン


最後に一点、

誤解のないように追記しておきますが、

週末の窓空けや

テロ・戦争・天変地異など急激な為替変動があった場合は、

どこのFX業者でも追証や元本以上の損失発生の可能性はあります



窓の説明はこちら→FX 窓 とは?

追証なしが明記されていたら→FX 追証なしは海外業者 無登録業者


注目記事。  中国バブル崩壊 円高 FX 大損  SBI FXトレード タイアップ

リーマン・ショック 為替 チャート  バイナリーオプション おすすめ テクニカル分析



     
2015/08/31(月) FX初心者入門

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

管理人プロフィール

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示