FX 投資で大損と退場の分かれ道 スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > FX初心者入門 > FX 投資で大損と退場の分かれ道

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【管理人の利用FX口座】

【限定タイアップ一覧】

【管理人の愛用ツール】

【初心者おすすめツール】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

FX 投資で大損と退場の分かれ道


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


今回の中国のバブル崩壊の流れを受けた

急激な株安や円高で大損された方は多いのではないでしょうか?


私は投資歴10年になりますが、

その間にライブドア・ショックや、

サブプライムローン問題の表面化~リーマン・ショック、

欧州の信用不安問題など、色々な下落局面を見てきましたし、

またその逆のバブルも何度か経験しました。


下落局面では、大損ではなく「退場」してしまう方、

つまり投資・相場の世界から強制的に引退させられてしまう方も

多くいらっしゃいます。


大損レベルなら、再チャレンジ可能ですが、

全財産を失う、もしくは借金が出来てしまったら、

そういったチャンスもなくなってしまいます。


大損」と「退場」の分かれ道はどこにあるのでしょうか?


まず一つ目は

人間は過去の経験で物事を判断しがちである」ということ。


アベノミクス以降の円安相場しか知らない方にとって、

今回の急激な円高は初めて見るものですよね?

見たことのないものに、人間は対応は遅れてしまうのです。

そこで、相場に逆らった取引を意地になってしてしまうんですね。

正しいのは相場なのに、自分が間違っていると認められない


二つ目は

過度なレバレッジをかけてリスクの高い取引をしている」こと。

FXはレバレッジ25倍に規制され、

強制ロスカットという仕組みもあるので、

証拠金が一瞬でなくなることは「まれ」です。


が、株の信用取引や日経225先物・先物オプションなどは、

窓(まど)」を大きく空けた時に元本以上の多大な損失が出てしまいます。

FXの窓の説明→FX 窓 とは?

1回の取引で全て失うようなリスクの取り方は避けることです。


そして3つ目は「損切り・ロスカットが出来ない

逆指値を設定していない」です。

大損ではなく退場の理由

ロスカットがずるずる遅れたり、

想定と反対方向に動いた時の

リスクコントロールが出来ていないと、

大損・退場
へまっしぐらです。


10連勝しても、1度の大損で退場してしまうのが

投資の世界です。

相場が正しいことを肝に銘じて

過度なリスクは避けて、

損切り上手になりましょう


大損・退場しないために

私は必ず利益確定の指値注文と、

損失を確定させる逆指値注文を出すようにしています。

先日のセミナーでもお話ししました。

スノーキーの注文方法OCO注文IFO注文

逆指値を入れているから、大損しても、

またチャレンジできるだけのお金は残すことが出来るのです。


損切りが出来ない

損切りが遅れてしまう」という方は、

メンタルの強化のための「メンタル本」という投資ジャンル本がありますよ。



上の私のオススメの投資メンタル本が

SBI FXトレード社と

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中で

以下のバナーからの新規口座開設&条件を満たすともらえます。



タイアップキャンペーンの詳細はこちら→SBI FXトレード タイアップ

当ブログ限定タイアップ一覧→スノーキー FX タイアップキャンペーン


注目記事。  リーマン・ショック 為替 チャート  スキャルピング歓迎のMT4業者

FX 5年前や10年前のチャートが見たい 見る方法  ループ・イフダンとは?



     
2015/08/26(水) FX初心者入門

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

管理人プロフィール

アクセス解析

ブロとも申請フォーム

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示