中国バブル崩壊とリーマン・ショック 米ドル円チャート スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > FX初心者入門 > 中国バブル崩壊とリーマン・ショック 米ドル円チャート

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

中国バブル崩壊とリーマン・ショック 米ドル円チャート

 投稿日:2015.08.22 | 最終更新日:2017.05.28

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


中国を発端とした、世界株安の流れ、

そして円高の流れが止まりません。


中国のバブル崩壊が本格的なものになるのか?

また、世界経済への影響は?長引く可能性は?

FXや株など投資をされている方なら気になるところですよね。


中国という不透明な部分の多い国のことなので、

なかなか予想することは難しいです。

が、過去のショック安・金融市場の混乱から

ヒントを得ることが出来るのではないか?と思い、

リーマン・ショック前後のチャート画像をご覧いただきます。


先に動画でもお話ししました。



ちなみに「リーマン・ショック」と呼ばれる

世界の金融市場が大混乱になる原因となった

リーマン・ブラザーズの破綻は2008年9月15日です。


以下は2007~2008年にかけての米ドル円週足チャート画像です。

リーマン・ショック前2008年3月米ドル円週足チャート

2007年より、円高に動き始めていますよね?

これがいわゆる

サブプライム・ローン問題の表面化」です。


すでに2007年ごろから

アメリカの不動産バブル崩壊の予兆として、

サブプライム・ローン問題が市場の話題になり始めていたのです。

上のチャート画像を見ると、

2008年3月中旬にいったん底打ちしたように見えますよね。


ですが、リーマン・ショックはまだ先です。

リーマン・ショック後2008年12月米ドル円週足チャート

ここまでのチャート画像はメタトレーダー4のものです。  メタトレーダー4とは?

日足チャートはこちら→リーマン・ショック 為替 チャート


○○ショック」と聞くと、

一時的なショック安のように感じる方も

いらっしゃるかも知れませんが、

年単位で続いていた下落なんです。


何をお伝えしたいかと言いますと、

今の世界株安・円高は暴落の予兆や

入口段階の可能性もある
、ということです。


ただ、冒頭でも書きましたが、

こういったことはプロでも予想することは困難なので、

実際にどうなるかは読めません。

今が絶好の買い場なのか?落ちてくるナイフなのか?は

後になってみないとわからない
ということです。


数年前のチャートを見る方法

FX 5年前や10年前のチャートが見たい 見る方法


注目記事。  トレードコレクター 必勝法  FX マルチタイムフレーム 分割チャート

FX ロスカット手数料  楽天証券 MT4 日足5本  選べるミラートレーダーとは?

関連記事


◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     
2015/08/22(土) FX初心者入門

【YouTubeチャンネル】

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム