ビットコイン 税金 雑所得 スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > ビットコイン・仮想通貨入門 > ビットコイン 税金 雑所得

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

ビットコイン 税金 雑所得

 投稿日:2017.12.01 | 最終更新日:2017.12.01

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


ビットコイン入門 現物取引とレバレッジ取引の違い

GMOコインは追証なし?

ビットコインFX スワップポイントはある?ない?に続く、

ビットコインを含む・仮想通貨・暗号通貨に関するブログ記事。

ビットコインを始めとする仮想通貨の取引は

「まだまだ始まったばかりで

今後は税制の変更・整備が予想されます」

2017年12月1日公開、

ブログ投稿時の情報をもとに作成しています。

多くの利益が出た方は税務署にご相談ください。

2017年はビットコイン価格が大きく上昇した年でした。

また、それ以外の

仮想通貨・暗号通貨の価格の上昇も大きい一年でしたよね。


億り人(おくりびと)」などと呼ばれている、

1億円以上の利益を出した人もいらっしゃるようです。

1年で約10倍以上の価格上昇ですし、

最近では「ビットコインFX」と呼ばれる

レバレッジを最大25倍までかけて取引が出来る会社もありますからね。


たくさんの利益が出た方が気になるのは、

ビットコインの税金の問題ではないでしょうか?


国税庁のタックスアンサーに

ビットコインを使用することで生じた利益は、

 所得税の課税対象となります。
」と記載されていました。

また、「ビットコインを使用することにより生じる損益 (*中略)は 

 雑所得に区分されます。
」との記載も

ビットコイン税金2017

ということで、ビットコインの売買で得た利益や、

ビットコインで物品購入をした際に、

ビットコインの価格が購入した時より

上がっていた場合の差額は利益とみなされ課税対象
となるようです。


FXなどは日本国内のFX業者を利用している場合は

申告分離課税と呼ばれる税制の対象で、

約20%の税率ですが、

ビットコインでの利益はこの対象外・雑所得扱いなので、

累進税率が適用されます。

雑所得累進課税表2017

上の表のように、高額な利益を得た人は、

その半分近くを税金として納付する義務が発生
します。


なのでもしも2017年にたくさんの利益が出た方は、

お金を全て使ってしまわずに、

翌年の3月中旬ごろが期限の確定申告と納付期限に備えて

現金を置いておきましょう。


ちなみに、一般的なサラリーマンの場合、

年間の利益が20万円を超えたあたりが、

確定申告が必要になってくる金額の目安
です。


確定申告をせずに放置しておくと

脱税になってしまう場合もありますので、

一定額以上の利益が出ている方は最寄りの税務署に

お問い合わせをされることをオススメ
します。

ビットコイン税金2017確定申告

*この文章を書いているのは税理士ではありません。

 多くの利益が出た方は税務署に問い合わせ後に

 税理士さんにご相談されることをおすすめします



注目記事。  FX すべらない逆指値注文 ノースリッページ注文

2018年 おすすめFX 為替 カレンダー プレゼントキャンペーン

関連記事


◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【YouTubeチャンネル】

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム