マネーパートナーズ ヒロセ通商 どっちがいい? スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > マネーパートナーズ評判 > マネーパートナーズ ヒロセ通商 どっちがいい?

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

マネーパートナーズ ヒロセ通商 どっちがいい?

 投稿日:2017.04.27 | 最終更新日:2017.04.27

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


DMM FX インヴァスト証券 FX どっちがいいなどに続く、

FX業者2社の比較記事。

40社近くでFX取引をしてきた私が特徴を比較します。


今回は2社ともに上場企業です。


東証一部上場企業傘下の「マネーパートナーズ」と、

JASDAQ(スタンダード)上場企業のヒロセ通商の2社です。

どちらも約定力の高さを売りにしているFX業者です。


ヒロセ通商は、

私の裁量取引用のFX法人のメイン口座です。

スプレッドの狭さでは、

マネパに勝っている通貨ペア
が多いです。


まず、私が思う

マネーパートナーズ」の特徴は以下だと思います。

マネーパートナーズの特徴と評判2017

◆マネーパートナーズの特徴

1.100通貨から取引可(Fxnano)

2.取引ツールが優秀

3.上場企業マネーパートナーズグループ傘下

4.代用有価証券サービスがある

5.外貨両替が可能

6.約定力に定評

7.連続予約注文が使える

 詳しく書いた記事→マネーパートナーズ 連続予約注文 評判

◆ヒロセ通商と比較した
 
 マネーパートナーズの弱点やデメリット

1.スプレッドがかなり広い(*他社大手と比較しても)

2.私が利用していた頃は、米雇用統計 などの

 重要経済指標発表時のスプレッドの拡大が気になった

3.通貨ペア数が「18」とヒロセ通商の半分以下

4.営業日24時間電話サポートがない

5.クイック入金対応金融機関が「8」と少ない

6.バイナリーオプションが取引できない

7.デモ・バーチャル取引ができない


 *上記情報はブログ記事公開時点の情報


次に、私が思う

ヒロセ通商の特徴は以下だと思います。

ヒロセ通商の評判と特徴2017

◆ヒロセ通商の特徴

1.取引ツールが優秀(頻繁にバージョンアップ)

2.約定力・約定スピードに自信

3.1000通貨手数料無料

4.上場企業である

5.毎月のキャンペーンが熱い

6.通貨ペア数が「50」と豊富

7.クイック入金・約380行対応

8.営業日24時間電話サポート

表になし・こちらのツールが利用できる→さきよみLIONチャート

表になし.バイナリーオプション「LION BO」が取引可
(*別途追加で口座開設要申込)

◆マネーパートナーズと比較した、

 ヒロセ通商の弱点やデメリット

 1.外貨両替サービスがない

 2.代用有価証券がない


 *上記情報はブログ記事公開時点の情報

ヒロセ通商の新規口座開設はこちらからどうぞ。



両社ともに

上場企業のグループ企業&上場企業なので、

信頼度は高いです。


FX取引だけで見ると、

ヒロセ通商の方が有利な面が多いと思います。


特に初心者さんにとって、

デモ口座・営業日24時間電話サポート・

1000通貨取引対応の三つが揃っているので、

ヒロセ通商の方が始めやすい
でしょう。


外貨両替を利用したい方、

代用有価証券サービスを利用したい方は

「マネーパートナーズ」が、

色々な通貨ペアを取引がしたい方、

毎月のキャンペーンを楽しみたい方、

クイック入金対応金融機関が多い方が良い方は

「ヒロセ通商」が良いかもしれませんね



主要FX上場企業・グループ会社→FX 上場企業

非上場を含めた比較一覧→FX 比較 まとめ


注目記事。  sbi証券fx sbifxトレード 違い

ソーシャルトレードFXが危険・リスクが高い理由解説動画

関連記事


◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【YouTubeチャンネル】

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム