バイナリーオプション 必勝法 スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > バイナリーオプション必勝法・攻略法 > バイナリーオプション 必勝法

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

バイナリーオプション 必勝法

 投稿日:2015.07.11 | 最終更新日:2015.07.27

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


この記事では、

マネー誌のYen SPA!(エンスパ)さんにも取材・掲載していただきました、

2013年11月以降の国内バイナリーオプションの

取引手法・考え方をご紹介します。

自主規制後のバイナリーオプションについて

まず、知っておいていただきたいのは、

2013年11月以降、日本国内のバイナリーオプションは自主規制により、

単純なハイロー型はなくなり、

主要業者はラダー型と呼ばれるものになりました。


また、一回の取引(1回号と呼ぶ)は、それまでの10分などの

短期間型はなくなり、2時間or3時間のものが一般的になりました。

今は多くの業者では1日の取引機会は10~11回号です。


ペイアウト金額も、ほとんどの業者が1枚あたり1000円に設定され、

チケットの価格は判定時刻までの残り時間と

為替の値動きにより変動します。

取引ルールの差はほとんどなくなり、各社横並び状態になりました。

規制後のバイナリーオプション

ただし、一点異なる点は、

バイナリーオプション各社の各回号(1回の取引)の

取引開始時刻と判定時刻が違う
ということです。

ここがポイントになります。

各社の取引開始時刻と判定時刻を見てみよう

今回は、私が取引のチャンスと思った時の

米ドル円10分足チャートをまずご覧いただきます。

バイナリーオプション必勝法米ドル円10分足

チャート画像はメタトレーダー4のものです。  メタトレーダー4とは?


下の部分に表示しているのは

スローストキャスティクス」と呼ばれるテクニカル指標なのですが、

売られすぎ」を表しています。


売られすぎの状態で下ヒゲ陽線が出現して、

その後にはダブルボトムを形成していますよね。

ここを「上昇する」と予測したと仮定します。


日本国内の大手バイナリーオプションの

外為オプション」「選べる外為オプション

みんなのバイナリー」「オプトレ!」の

取引開始時刻と判定時刻をチャート上に記入してみました。

*夏時間に調査したものです。正確な情報は各社の公式HPでご確認ください

バイナリーオプション必勝法外為オプション

バイナリーオプション必勝法選べる外為オプション

バイナリーオプション必勝法みんなのバイナリー

バイナリーオプション必勝法オプトレ!

先ほど書きましたように、

取引開始時刻と判定時刻は違いますよね。

この時間差を活かそう

この時間差を活かさない手はないな、と気づいた私は、

インターネットエクスプローラーなどで

各社の取引画面を複数を同時に開いています


ここで、自分がチャンスと思ったタイミングに

最も有利な価格のチケットを購入するんです。

もちろん、見るべき価格はチケット価格だけではなく

判定時刻もです。


これにより、規制後も

バイナリーオプションの取引機会を見つけやすくしています。


バイナリーオプション業者は

信頼度の高い上場企業、もしくは上場企業傘下の

会社を選んだ方が良いですよ。



上場企業が提供するバイナリーはこちら→バイナリーオプション比較

窓を空けた時の取引の考え方→バイナリーオプション攻略 窓 手法


注目記事。   FX 経済指標 スマートフォン  FX 指標発表 要人発言 リアルタイム

FX 手法 まとめ  FX パターン分析 チャートツール  FX スプレッド 比較

関連記事


◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム