マネースクウェア・ジャパン評判 スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > マネースクウェア・ジャパン評判

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【リピ系FX確定損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

トラリピ マネスク スプレッド拡大? 2017


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


リピート系FXの元祖・本家ともいえる

トラップリピートイフダン」を提供します

マネースクウェア・ジャパン」に関するブログ記事。


その「マネースクウェア・ジャパン」の親会社である

マネースクウェアHD」が上場廃止になったことは、

マネースクウェアHD 上場廃止へというブログ記事でお伝えしました。


結局、上場廃止の理由が

他社大手FX業者からの買収を防ぐためだったのか、

それとも外資系ファンドの

別の思惑があったからなのか?はわかりません。


ちなみに「トラリピ」では、

スプレッドは固定制ではなく変動制です。


以前、マネスクのサポートセンターに電話で

スプレッドについて教えてください」と

問い合わせの電話をしたことがあるのですが

公式HPに表示されているスプレッドをご確認ください」と

返答いただいた記憶があります。


ということで、久しぶりに

トラリピ」のスプレッドを確認してみたのですが、

私が前に見た時よりも、

少し広がっていると感じた通貨ペアが二つありました。


一つ目が米ドル円。

以前は2銭でほぼ固定だったような気がしたのですが、

今日確認した時は3銭の時間帯も見られました。


次が英ポンド円。

以前は7銭だったような気がしたのですが、

今日確認した時は8銭の時間帯・6銭の時間帯も見られました。


ということで、以下の一覧表も更新しておきました。

スノーキーのリピート系FX比較一覧表2017年5月

比較記事はこちら→FX リピート系注文 比較


やっぱりスプレッド固定制や

原則固定制じゃないところは

定期的なチェックが必要ですね。


これを機に、

トラリピと他社リピート系FXの比較シリーズを再開しようと思います。


私もリアル口座・リアルマネーで運用中!

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


注目記事。  ループ・イフダン 儲かる 儲からない

FX マイナンバー提出 個人情報の管理は大丈夫?



     

トラリピ 最大トラップ本数


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


マネースクウェアHD 上場廃止へに続く、

リピート系FXの本家ともいえる「トラップリピートイフダン」、

愛称「トラリピ」に関するレビューブログ記事。


実は私、「トラリピ」が利用できる

マネースクウェア・ジャパンにもFX口座を持っています。

ただ、取引コストがあまりにも高いので

一度も使ったことはありません


*以下の画像はクリックすると大きくなります

スノーキーのリピート系FX比較一覧表2016年12月

そのマネスクより

2016年11月にメールが届いていたのですが

トラリピ注文、らくトラ注文の、

1回の発注トラップ本数を

それまでの1回当たり最大25本から、

2016年11月19日以降に最大99本に大幅に変更したようです。


ちょっとびっくりしましたね。

何がびっくりしたかというと、

それまで最大たったの25本だったという点です。


他社がリピート系FXのジャンルに

参入してこなかったら、

恐らくここもそのままだったでしょうね。


やっぱり競争原理というのは重要ですね。


ちなみに、私が愛用しているリピート系FXの一つの

トラッキングトレードなら、

ブロードライトコースの場合、(最大)上限は300ロットです。



もっともっと競争が起きて、

手数料面はもちろんのこと、

私たちにとって使いやすい、

改善された良いサービスになること・増えてくれることを願います。


リピート系FX比較一覧表はこちら→FX リピート系注文 比較


私もリアル口座・リアルマネーで運用中!

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


注目記事。  積立FX トルコリラ円 スワップポイント

ループ・イフダン パソコン電源オフ チャートは見ないFX



     

マネースクウェアHD 上場廃止へ


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


ループ・イフダン トラリピ スプレッド比較に続く、

今回はリピート系FXの元祖の「トラップリピートイフダン」、

愛称「トラリピ」を提供します

マネースクウェア・ジャパン」に関するブログ記事。


マネースクウェア・ジャパン」の親会社である

東証一部上場企業の

マネースクウェアHD」が上場廃止になるとのこと。


現在は東証の「整理銘柄」に入っており、

この後、2017年1月20日に上場廃止になる見通しのようです。


とは言え、破たん・倒産とかではなく

MBO方式によるTOB(株式公開買付)の実施ということが、

今回の上場廃止の理由のようです。


公開買い付けを行う株式会社インフィニティが

カーライルグループ」の傘下ということで、

どこかで聞いたことのある名前だなと思い、調べてみました。


カーライルグループ」は、いわゆる外資系の投資ファンドで、

小説「ハゲタカ」に、

とある企業のモデルとなって出てきていたようです。



今回の上場廃止の件がユーザー・投資家にとってプラスになるのか?

それともマイナスになるのか?は今のところわかりませんが、

上場企業であるというメリットは大きかったはずですけどね。


他社がリピート系FXに参入してくるのを

裁判などの法的手段で遮るようなことだけではなく、

体力のあるうちに、

もっと他のサービスを充実させていった方が良かったのではないでしょうか。


トラリピ」の取引コストは高すぎますよね。

トラリピの取引コスト2016年12月

トラリピとループ・イフダン取引コストと利益比較2016年12月

手数料が割高なまま放置していたことが

多くのユーザーが他社リピート系FXに流出するのを防げなかったことが

今回の経営判断(上場廃止)に

繋がる一因としてあるように感じますが、どうでしょうか。


ループ・イフダントラッキングトレード

手数料で勝負できるぐらいには下げてくれればいいのですが、

その可能性は低いでしょうね。


私もリアル口座・リアルマネーで運用中!

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


注目記事。  FX初心者のためのFX比較 まとめ 選び方動画

ループ・イフダン 儲かる 儲からない  トライオートFX レンジフォーカス 



     

ループ・イフダン トラリピ スプレッド比較


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


ループ・イフダン シストレ24 スプレッド比較に続く、

選ぶだけのFXで初心者に人気の

アイネットFXに口座があると利用できます

ループ・イフダン」と他社リピート系FXのスプレッド比較記事。

アイネット証券

今回は「トラリピ」との「ループ・イフダン」の両社の

スプレッドの比較をしてみたいと思います。


まずは「トラリピ」から。

HPに記載がないので、

公式HPに表示されているスプレッドを、

2016年11月7日に目視で確認しました。

表にしたのが、以下です。

トラリピスプレッド

米ドル円は2銭ユーロ円は4銭

英ポンド円は8銭豪ドル円は5銭だったことを確認しました。


次にループ・イフダンです。

公式ホームページにスプレッドが明記されていました。

2016ループ・イフダンスプレッド

米ドル円は2銭ユーロ円は3銭

英ポンド円は5銭豪ドル円は4銭との記載がありました。


差はそれほど大きくありませんが、

ループ・イフダンの方がスプレッドが狭い通貨ペアが多いですよね。


ところが、ここには売買手数料は入っていません。

トラリピは売買手数料が発生するのに対し、

ループ・イフダンは売買手数料は無料です。


トラリピは往復で売買手数料が発生するので、

米ドル円の1万通貨・1往復の取引にかかるコストは以下の表のようになります。

(*1銭のスプレッドを100円と換算)

FXリピート系注文取引コスト比較一覧表金額改

トラリピ ループ・イフダンどっちがいい?手数料で比較で過去に算出しましたが、

1000通貨取引で運用した場合の取引コストの差をご覧いただきます。


1000通貨で10回=合計1万通貨取引時には、

トラリピの場合は以下の取引コストがかかります。

トラリピ取引コスト1000通貨で十往復取引した場合3

仮に2000円の分の値幅を獲得できた場合の

利益は700円になります。  *2000‐1300=700円


ループ・イフダン

1000通貨で10回=合計1万通貨取引した場合は

以下の図のような計算になります。

ループ・イフダン取引コスト1000通貨で十往復取引した場合2

仮に2000円の分の値幅を獲得できた場合の

利益は1800円になります。 *2000‐200=1800円


ループ・イフダンが、

取引コスト面で、かなり優秀であることがわかります。


リピート系FXを選ぶ際には、

スプレッドだけではなく、

売買手数料を含めた取引コストを考慮しないといけませんね。

比較一覧表はこちら→FX リピート系注文 比較



ループ・イフダン」が利用できる

アイネットFXと限定タイアップキャンペーン中!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設完了で2大特典付きです!

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


注目記事。  ループ・イフダン 1000通貨  ループ・イフダン 始め方

ループ・イフダン 儲かる 儲からない  ループ・イフダン 目安資金 必要資金  



     

トラリピ iサイクル注文 どっちがいい?手数料で比較


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


FX リピート系注文 比較では、

トラリピ」と外為オンライン

サイクル注文」&「iサイクル注文」の両サービスの

スプレッドと直接的な売買手数料の比較が出来ます。


外為オンライン iサイクル注文 特許取得という記事でも

書きましたが、

iサイクル注文」は特許取得済みのリピート系注文です!

外国為替証拠金取引の外為オンライン


今回はトラリピとiサイクル注文の、具体的な取引コストを

1万通貨取引時のスプレッド1銭を100円として、

両者の取引コストの差を算出して、どっちがいいのか?を考えてみます。

FXリピート系注文取引コスト比較一覧表金額改

まずは、トラリピです。

米ドル円で1万通貨で一回往復取引した場合は以下のように、

900円の取引コストがかかります。

仮に2000円の分の値幅を獲得できた場合の

利益は1100円になります。 *2000‐900=1100円

トラリピ取引コスト1万通貨で一往復取引した場合2


次は外為オンラインの「サイクル注文」。

米ドル円で1万通貨で一回往復取引した場合は以下のように、

新規口座開設者向けのキャンペーン中は

100円の取引コスト(スプレッドのみ)がかかります。

仮に2000円の分の値幅を獲得できた場合の

利益は1900円になります。 *2000‐100=1900円

iサイクル注文取引コスト1万通貨で一往復取引した場合

なお、キャンペーン終了後は、1500円の利益になります。


さらにご覧いただきたいのは次です。

リピート系FXでは

1000通貨取引で始めたい方も多いのでは?


1000通貨で10回=合計1万通貨取引時には、

トラリピの場合は以下のようにコストが跳ね上がります。

トラリピ取引コスト1000通貨で十往復取引した場合3

仮に2000円の分の値幅を獲得できた場合の

利益は700円になります。  *2000‐1300=700円


1000通貨で10回=合計1万通貨取引時でも、

外為オンラインの「サイクル注文」の場合は

取引コストは1万通貨で1回往復取引した時と同じです。

iサイクル注文取引コスト1000通貨で十往復取引した場合

1万通貨・1回1往復の取引時と同様に

仮に2000円の分の値幅を獲得できた場合の

利益は1900円になります。 *2000‐100=1900円

なお、キャンペーン期間終了後は、1500円の利益になります。


リピート系FXはその名の通り、

注文をリピート=繰り返すので長期間運用を続けるほど、

取引コストは膨大な金額
になります。


取引コストという点で比較した場合、

iサイクル注文の圧勝
でした。


iサイクル注文が利用できる

外為オンラインの口座をお持ちでない方はこちらからどうぞ。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

ちなみに、iサイクル注文と同様のサービスが

トラッキングトレードです。


サイクル注文 トラッキングトレード 違い どっちがいい?

書きましたが、外為オンライン社から

FXブロードネット社がライセンス供与を受けており、

米ドル円のスプレッドも狭いんです。


その「トラッキングトレード」が利用できる

FXブロードネットと限定タイアップキャンペーン中!

タイアップバナーはこちら。

FXトレーディングシステムズ

上のバナーが表示されない方はこちら→FXブロードネット

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→FXブロードネット タイアップ


その他の比較比較。

トラリピ ループ・イフダンどっちがいい?手数料で比較

トラリピ トラッキングトレード どっちがいい?手数料で比較

トラリピ トライオートFX どっちがいい?手数料で比較


注目記事。  FX 株 比較 違い 2016 動画で解説

FXトレード・フィナンシャル 評判 上から目線のメルマガ



     

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム