マネーパートナーズ評判 スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > マネーパートナーズ評判

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

マネーパートナーズ 悪評を含む口コミ・レビュー動画

 投稿日:2017.05.26 | 最終更新日:2017.05.26

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


YJFX ワイジェイFX 悪評を含む口コミ・評判動画

FXトレード・フィナンシャル 悪評を含む口コミ・レビュー動画という記事に続く、

悪評・欠点・短所を含んだ本音の

FX業者の口コミ・レビュー動画シリーズ。


FX比較サイトの多くは、

利益優先(特に根拠のない比較ランキングサイトは)なので

FX業者の良い面やメリットばかりを強調していることが多いです。


FX業者35社以上で口座開設をして、

8年以上にわたり、

FX業者のスペックに関して調べつくし、

レビューをしてきた私が辛口で語ります。


今回は「マネパ」の略称で知られる

マネーパートナーズ」社の

口コミ・評価・レビュー動画をYouTubeに投稿しました。

こちらです。



上の動画が表示されない場合はこちらからご覧ください

*FX業者選択に関する最終決定はご自身の判断でお願いいたします


今回のマネパは「FXトレード・フィナンシャル」社の時と違い、

メリット・良い面がたくさんありました。

マネーパートナーズ悪評を含む口コミ・レビュー

方向性を間違わずに、

投資するべきところにしていれば


FX業界でも5本の指・・・

いや3本の指に入っていたかもしれないので、

残念だなあとつくづく思います。


リピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


大手FX業者比較一覧表はこちら→FX 比較 まとめ

上場企業FX業者比較一覧表はこちら→FX 上場企業


マネーパートナーズからの

乗り換え先を悩んでいる方はこちら。

東証一部上場企業・SBIホールディングス傘下、

SBI FXトレードが信頼性が高いです。

新規口座開設はこちらのバナーからどうぞ。



上のバナーが表示されない場合はこちら→SBI FXトレード


注目記事。  FXプライムbyGMO タイアップ

トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較 2017



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

マネーパートナーズ ヒロセ通商 どっちがいい?

 投稿日:2017.04.27 | 最終更新日:2017.04.27

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


DMM FX インヴァスト証券 FX どっちがいいなどに続く、

FX業者2社の比較記事。

40社近くでFX取引をしてきた私が特徴を比較します。


今回は2社ともに上場企業です。


東証一部上場企業傘下の「マネーパートナーズ」と、

JASDAQ(スタンダード)上場企業のヒロセ通商の2社です。

どちらも約定力の高さを売りにしているFX業者です。


ヒロセ通商は、

私の裁量取引用のFX法人のメイン口座です。

スプレッドの狭さでは、

マネパに勝っている通貨ペア
が多いです。


まず、私が思う

マネーパートナーズ」の特徴は以下だと思います。

マネーパートナーズの特徴と評判2017

◆マネーパートナーズの特徴

1.100通貨から取引可(Fxnano)

2.取引ツールが優秀

3.上場企業マネーパートナーズグループ傘下

4.代用有価証券サービスがある

5.外貨両替が可能

6.約定力に定評

7.連続予約注文が使える

 詳しく書いた記事→マネーパートナーズ 連続予約注文 評判

◆ヒロセ通商と比較した
 
 マネーパートナーズの弱点やデメリット

1.スプレッドがかなり広い(*他社大手と比較しても)

2.私が利用していた頃は、米雇用統計 などの

 重要経済指標発表時のスプレッドの拡大が気になった

3.通貨ペア数が「18」とヒロセ通商の半分以下

4.営業日24時間電話サポートがない

5.クイック入金対応金融機関が「8」と少ない

6.バイナリーオプションが取引できない

7.デモ・バーチャル取引ができない


 *上記情報はブログ記事公開時点の情報


次に、私が思う

ヒロセ通商の特徴は以下だと思います。

ヒロセ通商の評判と特徴2017

◆ヒロセ通商の特徴

1.取引ツールが優秀(頻繁にバージョンアップ)

2.約定力・約定スピードに自信

3.1000通貨手数料無料

4.上場企業である

5.毎月のキャンペーンが熱い

6.通貨ペア数が「50」と豊富

7.クイック入金・約380行対応

8.営業日24時間電話サポート

表になし・こちらのツールが利用できる→さきよみLIONチャート

表になし.バイナリーオプション「LION BO」が取引可
(*別途追加で口座開設要申込)

◆マネーパートナーズと比較した、

 ヒロセ通商の弱点やデメリット

 1.外貨両替サービスがない

 2.代用有価証券がない


 *上記情報はブログ記事公開時点の情報

ヒロセ通商の新規口座開設はこちらからどうぞ。



両社ともに

上場企業のグループ企業&上場企業なので、

信頼度は高いです。


FX取引だけで見ると、

ヒロセ通商の方が有利な面が多いと思います。


特に初心者さんにとって、

デモ口座・営業日24時間電話サポート・

1000通貨取引対応の三つが揃っているので、

ヒロセ通商の方が始めやすい
でしょう。


外貨両替を利用したい方、

代用有価証券サービスを利用したい方は

「マネーパートナーズ」が、

色々な通貨ペアを取引がしたい方、

毎月のキャンペーンを楽しみたい方、

クイック入金対応金融機関が多い方が良い方は

「ヒロセ通商」が良いかもしれませんね



主要FX上場企業・グループ会社→FX 上場企業

非上場を含めた比較一覧→FX 比較 まとめ


注目記事。  sbi証券fx sbifxトレード 違い

ソーシャルトレードFXが危険・リスクが高い理由解説動画



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

マネーパートナーズ SBI FXトレード どっちがいい?

 投稿日:2016.09.29 | 最終更新日:2017.05.26

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


ヒロセ通商 SBI FXトレード どっちがいい?

GMOクリック証券 SBI FXトレード どっちがいい?

GMOクリック証券 ヒロセ通商 FX どっちがいい?などに続く、

FX業者2社の比較記事。

40社近くでFX取引をしてきた私が特徴を比較します。


今回は、FX業界の中でも特に約定力の高さを売りにしていて

FX業界初の上場企業の仲間入りを果たした「マネーパートナーズ」と

外貨預金感覚で長期投資に向いている

レバレッジ付き定期外貨取引が大人気のSBI FXトレード

2社を比較してみたいと思います。


ちなみに、今回の2社とも

上場企業のグループ企業なので、安心です。

また、どちらもTVCMを放送中、もしくは放送したことがあります。


SBI FXトレードは当ブログからの口座開設申込の多いFX会社さんです。

スプレッドはこちらでご確認ください→SBI FXトレード


まず、私が思う

マネーパートナーズ」の特徴は以下だと思います。

マネーパートナーズの評判と特徴2016

◆マネーパートナーズの特徴

1.100通貨から取引可(Fxnano)

2.1日あたりの取引数量上限なし(Fxnanoは4,000万通貨)

3.上場企業マネーパートナーズグループ傘下

4.代用有価証券サービスがある

5.外貨両替が可能

6.約定力に定評

7.連続予約注文が使える

 詳しく書いた記事→マネーパートナーズ 連続予約注文 評判

◆マネーパートナーズの弱点やデメリット

私が利用していた頃は、米雇用統計 などの

重要経済指標発表時のスプレッドの拡大が大きかった


次に、私が思う

SBI FXトレードの特徴は以下だと思います。

SBI FXトレードの評判と特徴2016

◆SBI FXトレードの特徴

1.1通貨から取引できる

2.最大1000万通貨発注可能(*米ドル円他)

3.上場企業・SBIホールディングス傘下

4.スマホアプリが高性能

  詳しく書いた記事→SBI FXトレード スマホアプリ

5.無料メルマガの情報量が濃い

 詳しく書いた記事

 FX 要人発言予定 無料メルマガ おすすめ  SBI FXトレード 無料メルマガ おすすめ

6.レバレッジ付き定期外貨取引が人気

  詳しく書いた記事→レバレッジ付き定期外貨取引 口コミ

7.約380行クイック入金対応

◆SBI FXトレードの弱点やデメリット

マネーパートナーズと比較した弱点は特になし

SBI FXトレードの新規口座開設はこちらからどうぞ。



上のバナーが表示されない方はこちら→SBI FXトレード


代用有価証券サービスや

外貨両替を利用したい方はマネーパートナーズ


逆に言えば、その二つのサービスを利用しない方、

100通貨未満の取引数量で取引したい初心者さん、

低レバレッジで長期投資向きの

「レバレッジ付き定期外貨取引」を利用したい方は

SBI FXトレード
が良いかもしれませんね。


主要FX上場企業・グループ会社→FX 上場企業

非上場を含めた比較一覧→FX 比較 まとめ


注目記事。  マルチエージェント FX やり方 始め方

ループ・イフダン検証 2016年9月  SBI FXトレード タイアップ



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

マネーパートナーズ 100通貨

 投稿日:2016.01.19 | 最終更新日:2017.08.31

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


マネーパートナーズ 連続予約注文 評判という記事に続く、

マネーパートナーズの評判・評価・口コミレビュー記事。


上場企業・マネーパートナーズグループで

信頼度の高いFX業者のマネーパートナーズの

100通貨取引について。


同社が提供します

パートナーズFX nano」なら、

100通貨取引が可能です。


が、東証一部上場企業傘下の

SBI FXトレードなら、

なんと1通貨単位で取引が可能なので、

証拠金100円から
でもFXがスタートできます!


SBI FXトレード社のスマートフォンアプリは

スノーキー愛用ツールで高性能です。

FXトレードスマホアプリ

上の画像のように、4通貨ペアのチャートを同時に表示でき、

各種テクニカルも表示できるので重宝しています。

iPhoneとAndroid端末の2種類のスマートフォンアプリがあります。

こちらに口座があると全ての機能が利用できます→SBI FXトレード

詳しく書いた記事はこちら→SBI FXトレード スマホアプリ


もしも、より少額で、

より少ない資金でFXをスタートしたいとの

考えをお持ちなら、SBI FXトレードが良い
ですよ。


ゆったりと外貨預金感覚で

FX取引を楽しみたいなら、

レバレッジ付き定期外貨取引も利用できますしね。


SBI FXトレードの

新規口座開設はこちらのバナーからどうぞ。

SBIFXトレード

上のバナーが表示されない場合はこちら→SBI FXトレード


注目記事。  ループ・イフダン 手数料無料?  ループ・イフダン 使い方

sbi証券fx SBI FX トレード 違い  SBI FXトレード レバレッジ付き定期外貨取引とは?



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

マネーパートナーズ 連続予約注文 評判

 投稿日:2015.08.01 | 最終更新日:2016.12.07

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トラッキングトレードとは?という記事に続く、

FXの連続注文・リピート系注文の比較記事。


今回は「マネーパートナーズ」が2015年4月にリリースしました

連続予約注文」のご紹介です。


マネーパートナーズの連続予約注文とは?

マネーパートナーズ」の

連続予約注文」とは、

2件~最大20件のIF-DONE注文、

もしくはIF-OCO注文を1セットで発注し、

決められた順番で注文が1件ずつ発注される注文方法です。

マネーパートナーズ連続予約注文とは

上昇、もしくは下降のトレンドが出ている相場では

効果を発揮しそうな注文方法です。


ただし、一定のレンジ内で値動きを繰り返す

レンジ相場・・・特にボックス相場では出番はなさそうです。


レンジ相場では

FX レンジ相場 注文方法でご紹介しました

ワイジェイFXの「リピートトレール注文」が

コスト面・性能面でも効果的なので、

場面によって使い分けると良いかも知れませんね。


メリットとデメリットは?

メリットは二つあります。

スプレッドが通常の裁量FXと同じなので狭いことと、

別途取引手数料がかからないので、

取引コストはかなりおさえられます。


また、必要証拠金が1注文分で済むという点もメリットです。

20注文を出していても、20注文分の証拠金は必要ありません。


デメリットですが、

手動で注文を出すという手間ですかね。


こちら→シストレi-NET

ループ・イフダン」がリピート系FXの中でも特に人気なのは、

用意されているものから選ぶだけ、という点ですからね。


トライオートFXと比較してみました

私が愛用しているリピート系注文

インヴァスト証券「トライオートFX」なら、

以下のようなAP注文を作って発注することが出来ます。

米ドル円ショートの一例です。

トライオートFX AP注文米ドル円ショート

新規注文は指値・成行注文で出して、

その後、20pipsの値幅を獲得すれば利益確定、

10pips上昇すればまた

新規ポジションを持ち・・・というカウンター注文です。

この逆でトレンドに追随したフォロー注文

レンジ相場向けの注文も出すことが出来ます。


リスクコントロールも逆指値に当たる決済注文の他、

最大ドローダウンや最大連敗数、

下限価格・上限価格の到達為替レートでも設定が可能です。


豊富な注文方法を出したい場合は

トライオートFXがおすすめです。




まとめ

個人的な意見ですが、

すでにマネーパートナーズの口座を持っていない方が

あえてこの注文方法のために口座を作るほどではないと思いました。


スプレッド・取引手数料を考えると魅力的ではあるのですが、

トラッキングトレードとは?で書きました

トラッキングトレードの方が

相場の変化への柔軟性はありますし、

取引コストもリピート系の中では低めですからね。


トラッキングトレードの詳細はこちら→FXブロードネット

FXトレーディングシステムズ

その他のリピート系注文比較→FX リピート系注文 比較


注目記事。   トラッキングトレード タイアップ  トラリピ 儲かる 儲からない

ループ・イフダン 始め方  FX IFO注文を利用した月曜日のトレード



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【YouTubeチャンネル】

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム