ビットコイン・仮想通貨入門 スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > ビットコイン・仮想通貨入門

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

ビットコイン 税金で苦しむ最悪のシナリオとは?

 投稿日:2017.12.13 | 最終更新日:2017.12.13

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


ビットコイン 税金 雑所得に続く、

ビットコインを含む・仮想通貨・暗号通貨に関するブログ記事。

2017年12月13日公開、

ブログ投稿時の情報をもとに作成しています。

多くの利益が出た方は

税理士さんや税務署にご相談ください。

ビットコイン 税金 雑所得でも

お伝えしましたが、

2017年に発生しましたビットコインでの利益は

雑所得扱いなので、累進税率が適用されます。

雑所得累進課税表2017

この記事のタイトルにもしましたが、

ビットコインの税金で苦しむ最悪のシナリオがあります。

先日にYouTubeで警鐘を鳴らす動画を公開しました。



動画の中で詳細をお話しましたが、

2017年分の利益の確定申告が始まるのは、

翌年・2018年の2月中旬頃です。


そして、その確定申告後に税金を納めるという流れなので、

2017年が終わってから

1カ月半ほどのタイムラグがあります。


なので、もしも2017年に出した利益のうち、

2018年1月1日から

2018年の2月中旬までに

納税分までも吹き飛ばすような損失を出した場合


税金を納めることが不可能になってしまいます。


しかも、2017年のビットコインで得た利益は雑所得扱いなので、

損益の繰り越しができませんしね。

ビットコイン税金で苦しむ最悪のシナリオとは?

なので、2017年に得た利益は、

2018年に入ってからの確定申告が済むまでは、

使わないようにしましょう


また、ビットコイン取引などの資金にする際にも注意が必要です。

いつでも、引き出せる状態にしておきましょう。


どうしてこういった注意喚起記事を公開するかと言いますと、

FXのレバレッジ規制がなかった(レバレッジ無制限の)ころに、

数億円を稼いだものの、その後に損失を出してしまって

税金を納めることができなくなって

苦しんだトレーダーがいらっしゃったからです。


注目記事。  GMOコインは追証なし?

FX すべらない逆指値注文 ノースリッページ注文



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

ビットコイン 税金 雑所得

 投稿日:2017.12.01 | 最終更新日:2017.12.01

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


ビットコイン入門 現物取引とレバレッジ取引の違い

GMOコインは追証なし?

ビットコインFX スワップポイントはある?ない?に続く、

ビットコインを含む・仮想通貨・暗号通貨に関するブログ記事。

ビットコインを始めとする仮想通貨の取引は

「まだまだ始まったばかりで

今後は税制の変更・整備が予想されます」

2017年12月1日公開、

ブログ投稿時の情報をもとに作成しています。

多くの利益が出た方は税務署にご相談ください。

2017年はビットコイン価格が大きく上昇した年でした。

また、それ以外の

仮想通貨・暗号通貨の価格の上昇も大きい一年でしたよね。


億り人(おくりびと)」などと呼ばれている、

1億円以上の利益を出した人もいらっしゃるようです。

1年で約10倍以上の価格上昇ですし、

最近では「ビットコインFX」と呼ばれる

レバレッジを最大25倍までかけて取引が出来る会社もありますからね。


たくさんの利益が出た方が気になるのは、

ビットコインの税金の問題ではないでしょうか?


国税庁のタックスアンサーに

ビットコインを使用することで生じた利益は、

 所得税の課税対象となります。
」と記載されていました。

また、「ビットコインを使用することにより生じる損益 (*中略)は 

 雑所得に区分されます。
」との記載も

ビットコイン税金2017

ということで、ビットコインの売買で得た利益や、

ビットコインで物品購入をした際に、

ビットコインの価格が購入した時より

上がっていた場合の差額は利益とみなされ課税対象
となるようです。


FXなどは日本国内のFX業者を利用している場合は

申告分離課税と呼ばれる税制の対象で、

約20%の税率ですが、

ビットコインでの利益はこの対象外・雑所得扱いなので、

累進税率が適用されます。

雑所得累進課税表2017

上の表のように、高額な利益を得た人は、

その半分近くを税金として納付する義務が発生
します。


なのでもしも2017年にたくさんの利益が出た方は、

お金を全て使ってしまわずに、

翌年の3月中旬ごろが期限の確定申告と納付期限に備えて

現金を置いておきましょう。


ちなみに、一般的なサラリーマンの場合、

年間の利益が20万円を超えたあたりが、

確定申告が必要になってくる金額の目安
です。


確定申告をせずに放置しておくと

脱税になってしまう場合もありますので、

一定額以上の利益が出ている方は最寄りの税務署に

お問い合わせをされることをオススメ
します。

ビットコイン税金2017確定申告

*この文章を書いているのは税理士ではありません。

 多くの利益が出た方は税務署に問い合わせ後に

 税理士さんにご相談されることをおすすめします



注目記事。  FX すべらない逆指値注文 ノースリッページ注文

2018年 おすすめFX 為替 カレンダー プレゼントキャンペーン



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

ビットコインFX スワップポイントはある?ない?

 投稿日:2017.11.29 | 最終更新日:2017.11.29

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


ビットコイン入門 現物取引とレバレッジ取引の違い

GMOコインは追証なし?に続く、

ビットコインを含む・仮想通貨・暗号通貨に関するブログ記事。

ビットコインを始めとする仮想通貨の取引は

「まだまだ始まったばかりで

進化・仕様の変化が予想されます」

ブログ投稿時の情報をもとに作成しています。

ビットコインFX スワップポイントはある?ない?

今回は、ビットコインには

スワップポイントはあるのか?ないのか?について。


先にYouTubeでも動画を公開済みです。

動画はこちらです。



上の動画が表示されない場合はこちらをクリックしてみてください。


ビットコインは国家が発行している通貨ではないので、

政策金利などがない(はず)です。

なので、FXのようにスワップポイントの

受け取りや支払いは発生しません


ビットコインFX スワップポイントはある?ない?2

ここまでのお話は現物取引の場合です。


ところが、

ビットコイン入門 現物取引とレバレッジ取引の違いで書きましたが

ビットコインの取引には

ビットコインそのものを取引するだけでなく、

ビットコインFX」と呼ばれるFXと似た仕組みで

取引する手段・会社があります。


その場合、スワップポイントではないのですが、

金利のようなものが発生する会社もあるので注意が必要です。

ビットコインFX スワップポイントはある?ない?3

ビットコインFXでも国内シェアはNO.1であろう

GMOコイン」の場合、

レバレッジ手数料」というものがあり、

買いでも売りでも日に0.05%の手数料が発生します。


これが意外とバカにできない金額で、

1BCが80万円の場合=1日400円

1か月だと12,000円のコストとなります。
(*ビットコインの価格により変動。手数料は記事公開時点の情報)。


ということで、

レバレッジをかけて取引する

ビットコインFX」でビットコインの取引をする場合、

これから先はこのような手数料の金額の違いも、

業者選択の肝になってくるのではないでしょうか。


注目記事。  ループ・イフダン (旧名称 シストレi-NET) タイアップ

ヒロセ通商 トルコリラ円 スプレッドとスワップポイント



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

GMOコインは追証なし?

 投稿日:2017.11.25 | 最終更新日:2017.11.25

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


ビットコイン入門 現物取引とレバレッジ取引の違いに続く、

ビットコインを含む・仮想通貨・暗号通貨に関するブログ記事。


Twitterと、そのTwitterの発信者さんが運営している

ブログ記事上での記述で気になったのが、

追証なし」と文言でした。

GMOコインは追証なし?

このことについては

YouTubeで動画を公開済みです。



よりわかりやすい表現にすると

「追証制度なし」であって「追証なし」ではないと思います


GMOコインでの仮想通貨FXでの取引では

証拠金維持率を割ると、

自動ロスカット(強制ロスカット)が執行される取引ルール
です。


なので、「維持率○○%を割ると、

追加証拠金の差し入れが発生する
」ような

追証制度」はGMOコインにはありませんが、

追加証拠金(不足金)が発生する可能性はあります。


「追証制度がない」ことと「追証が発生しない」ことは別です。

GMOコインは追証なし?2

現物取引ではそのようなことが

発生する可能性はありませんが、

ビットコインFX」と呼ばれている仕組みで、

特にレバレッジをかけて取引をしている場合は、

それらの可能性が出てきます。


・ビットコインFX業者の

 メンテナンス中に大きな価格変動があった

・ビットコインFX業者のシステムが

 ダウンした時に大きな価格変動があった

・強制ロスカット執行時に大きなスリッページが発生した



上記が、追加証拠金(不足金)の発生する

可能性のあるケースです。


今回のお話は非常に複雑なのでまとめますと、

レバレッジをかけて

ビットコインFX取引(特に25倍など)をしている場合は、

預けているお金以上の入金が求められる

可能性があるということだけ知っておいてください



注目記事。  トライオートETF デメリット 銘柄数が少ない

アイネットFX タイアップ  ヒロセ通商 タイアップ



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

ビットコイン入門 現物取引とレバレッジ取引の違い

 投稿日:2017.11.16 | 最終更新日:2017.11.16

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら

■このページの目次

◆はじめに(そして注意点)
◆ビットコインの現物取引とは?
◆ビットコインのレバレッジ取引とは?


◆はじめに(そして注意点)

YouTubeの方では、

ビットコインを始めとする

仮想通貨」についてのコンテンツを少しずつ公開しています。


このブログ上でも、

それらに関する記事のコンテンツを増やしていこうと思います。

◆注意点

 仮想通貨は誕生して歴史の浅い通貨、

 そしてそれらから派生する金融商品です。

 これから先に進化・当局の規制による退化、

 仕様変更などが可能性としてかなり高いので最新情報は

 取扱いをしている各業者などの公式HPよりご確認ください。

現時点で、

ビットコインを取引しようとすると、

現物取引」と「レバレッジ取引」の二つに

分類分けされます。



◆ビットコインの現物取引とは?

ビットコインを含む、

仮想通貨の現物取引(げんぶつとりひき)とは何か?

ビットコインの現物取引とは?

その名の通り、

ビットコインそのものを取引すること。

言いかえると「所有者」になること

ただし、手元にコインは送られてきません。


現物株(日本などの企業の株)を

売買されたことのある方なら

ご存知だと思いますが、

○○株を購入したからと言って、

実際に(今は)株券は送られてきません



現物を取引するので、

レバレッジをかけて取引することは不可能で、

ビットコイン(Bitcoin)販売業者で購入することになります。


それぞれのメリット・デメリットについては

後日詳しくお伝えしますが、

購入金額以上の損失が出ないのが特徴です。

また、ビットコインを所有することになるので、

それをショッピングなどに利用することが出来ます
(*ただし、お店が対応している必要がある)。



◆ビットコインのレバレッジ取引とは?

一方のビットコインのレバレッジ取引とは?

ビットコインのレバレッジ取引とは?

日本で多数の業者が新規参入をしており、

これからのビットコイン取引の主な手段となっていきそう。

現物取引と区別するため、

ビットコインFX」と呼ばれることもある。


こちらは、

売買価格」のみを取引するので

ビットコインそのものの所有者にはならない


FXと似た仕組み。


通常は上昇や下落をした際の差益を狙う


その名の通り、証拠金(預けたお金)に

レバレッジをかけて取引することが出来る

日本の今のビットコインFXの

最大レバレッジは25倍の業者がある。


現物取引と違い、

証拠金以上の損失の恐れ
があります。

また、購入したビットコインを使って

ショッピングなどは基本的には出来ません



今回の本文記事は以上です。 ◆目次にもどる


注目記事。  トライオートETF デメリット 銘柄数が少ない

ヒロセ通商 トルコリラ円 スプレッドとスワップポイント



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【YouTubeチャンネル】

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム