スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > iサイクル注文

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

iサイクル注文 検証 2017年8月


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


月に一度の更新ペースの

外為オンライン

iサイクル注文(特許取得済)」に関する検証ブログ記事です。

先月の記事はこちら→iサイクル注文 検証 2017年7月


ループ・イフダン評判・検証シリーズ、

トラッキングトレード評判・検証シリーズのように

iサイクル注文(特許取得済)の

検証結果を定期的に公開していきます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

データとして掲載するのは、

外為オンラインの公式HPにある

iサイクル研究室」の「決済損益のランキング」です。

iサイクル注文検証2017年1月

想定変動幅を1,000pips(10円)、

注文間隔を20pipsに設定し、当社のデモ口座で運用しているiサイクル注文®を

ランキング形式で毎週更新しています。

iサイクル注文の戦略立てや必要資金の目安にご活用ください。

※デモ口座は当社店頭取引の実際のお取引と同じレートを使用しております。

※2015年11月16日からデモ口座で運用し、

決済損益(単位:円)の高い順に上位5つの口座を表示しています。

miniコース(1,000通貨コース)での

ランキングなので、

必要資金が50万円前後で出来るものもランクインしています。


2017年8月4日時点(*調査日 2017年8月9日)での

決済損益のランキングは以下のようになりました。

iサイクル注文検証2017年8月
iサイクル注文検証2017年8月2

先月の調査時と比べると

ランキング順位に動きがありました



ここ数か月、

ユーロドルの売り(ショート)と買い(ロング)の

両方がランクインしてたのですが、

今回は買い(ロング)のみがランクインしています。


その理由ですが、先月はユーロドルは

急ピッチで大きく上昇しましたからね。

20170809iサイクル注文検証ユーロドル日足

チャート画像はメタトレーダー4のものです。  メタトレーダー4とは?


今月の1位は、

こちらも大きく上昇しまたNZドル円の

」の戦略です。

20170809iサイクル注文検証NZドル円日足

iサイクル注文検証2017年8月NZドル円ロング

1位のNZドル円の注文間隔「20pips」、

想定変動幅「1,000pips」は

私のトラッキングトレードで稼働中の戦略と似ています。

詳しくはこちら→売りから買いに転換 トラッキングトレード検証 2017年8月7日


豪ドル円の売り(ショート)と買い(ロング)、

NZドル円の売り(ショート)と買い(ロング)の

オセアニア通貨が5位までに4つも入っていますね。


比較的必要証拠金も少なくて済む点と、

買いポジション時のスワップポイントが高い点が

魅力の二つの通貨ペアです。


豪ドル円も

私もループ・イフダンと、

トラッキングトレードで運用している通貨ペア・戦略です。


やはり、注文間隔「20pips」、

想定変動幅を「1,000pips」以内に設定した場合、

このあたりの通貨ペアが、

リピート系FXの得意とするところなのでしょうか。


実はトラッキングトレードでは、

iサイクル注文とほとんど同じことが出来ます


FXトレーディングシステムズ

スプレッドも、トラッキングトレードの方が有利な

通貨ペアが多いですしね。


また、選ぶだけのFXのループ・イフダンでも、

ユーロドルに20pipsの設定があり、

こちらは買いか売りか?を選ぶだけで設定が可能です。

ループ・イフダン ユーロドル

口座開設はこちらからどうぞ。

アイネット証券



リピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


引き続き、検証作業を続けていきたいと思います。


サイクル注文」「iサイクル注文」が始められる

外為オンラインの新口座開設はこちらからどうぞ→外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

FX口座の開設方法の一例→FX初心者のためのFXの始め方


注目記事。  トライオートETF 評判 早い話が「リピート系CFD」

シストレ24 フルオート検証 大損からその後 2017年7月



     

iサイクル注文 選ぶだけのFX ランキングに「トレンド」機能が


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


外為オンライン

iサイクル注文(特許取得済)」。


定期的に検証ブログ記事シリーズ

公開していますが、

今回は選ぶだけのFX機能について書きたいと思います。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

iサイクル注文には、

ランキング方式」と「マトリックス方式」の

二つがあるのですが今回はランキング方式に

実装されました

新機能の「トレンド」について。

iサイクル注文ランキング

今までは「」と「」のどちらかの方向を選択し、

そこで表示されたランキングから

戦略(売買システム)を選ぶという2択だったのですが、

トレンド」が追加されて3択になっています。


この新機能、売買システムがトレンドを見極め、

自動的に「」「」を判断してくれるものです。

サイクル注文ランキング4

外為オンラインのリアル口座にログインして確認してみました。

iサイクル注文ランキング2

iサイクル注文ランキング3

トレンド(SMA)」と

トレンド(MACD)」という文字が確認できますね。


これにより、

iサイクル注文をこれからスタートする初心者さん、

もうすでに始められている方にとっても

どれを選べばいいのか?の選択肢が広がりましたね。


サイクル注文」「iサイクル注文」が始められる

外為オンラインの新口座開設はこちらからどうぞ→外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

選ぶだけのFX比較はこちら→選ぶだけのFX

リピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較

FX口座の開設方法の一例→FX初心者のためのFXの始め方


注目記事。  fx-on 個人情報流出 クレカ iTunes

マネースクウェア・ジャパン 個人情報漏えい続報と行政処分



     

iサイクル注文 ループ・イフダン 手数料比較 2017


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トラリピの手数料は高いのかiサイクル注文と比較 2017に続く、

リピート系FX2社の手数料・取引コスト比較記事。


今回も「トラリピ」と他社リピート系FXとの比較です。

参考記事→FX リピート系注文 比較


約76万円の利益が出た、先月の私の

リアル口座・リアルマネーのリピート系FXの成績公開

記事→トラッキングトレード 検証 2017年6月 運用成績 まとめ


今回は外為オンラインの「iサイクル注文」と、

アイネットFXの「ループ・イフダン」の取引コスト比較記事です。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

iサイクル注文はスプレッド以外の手数料が発生します。
(*記事中盤に手数料無料キャンペーンの解説あり)


一方のループ・イフダンはスプレッド以外の

直接的な手数料ありません。


また、両者とも1,000通貨取引が可能なのですが、

1,000通貨取引時でも1万通貨取時でも、

手数料(取引コスト)は変わりません



まずは、外為オンラインの「iサイクル注文」の取引コストから。


iサイクル注文」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1万通貨版2017

2,000円-500円=1,500円の利益

取引コストは利益の4分の1ほどです。


次に「iサイクル注文」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1000通貨版2017

2,000円-500円=1,500円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


ですが、実はiサイクル注文は、

新規口座開設後90日間は

手数料無料キャンペーンを開催
しています。

新規注文、決済注文の往復が手数料無料です。

*以下、「キャンペーン期間」を「CP期間」と表記します


CP期間中に「iサイクル注文」で

米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1万通貨版2017CP期間中

2,000円-100円=1,900円の利益

取引コストは利益の約20分の1です。


次にCP期間中に「iサイクル注文」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1,000通貨版2017CP期間中

2,000円-100円=1,900円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


キャンペーン期間中の

iサイクル注文の取引コストはかなり魅力的
です。

iサイクル注文が利用できる

外為オンラインの口座開設はこちらからどうぞ。

外国為替証拠金取引の外為オンライン


それでは私がリアル口座・リアルマネーで取引をしている

アイネットFXの「ループ・イフダン」はどうでしょうか。

検証ブログ記事シリーズ→ループ・イフダン検証


ループ・イフダン」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

ループ・イフダンの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-200円=1,800円の利益

取引コストは利益の約5分の1程度です。


次に「ループ・イフダン」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

ループ・イフダンの取引コスト1,000通貨版2017改

2,000円-200円=1,800円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


ループ・イフダンの取引コストはかなり安いですが、

iサイクル注文のキャンペーン期間中の

手数料の方が有利という結果
になりました。


ですが、キャンペーン期間を過ぎると、

iサイクル注文より

ループ・イフダンの方が取引コストは有利になります。


当サイトリピート系FX・人気NO.1で

私もリアルマネーで運用中の

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


最新情報を随時更新中!

リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017

トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較 2017



     

iサイクル注文 検証 2017年7月


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


月に一度の更新ペースの

外為オンライン

iサイクル注文(特許取得済)」に関する検証ブログ記事です。

先月の記事はこちら→iサイクル注文 検証 2017年6月


ループ・イフダン評判・検証シリーズ、

トラッキングトレード評判・検証シリーズのように

iサイクル注文(特許取得済)の

検証結果を定期的に公開していきます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

データとして掲載するのは、

外為オンラインの公式HPにある

iサイクル研究室」の「決済損益のランキング」です。

iサイクル注文検証2017年1月

想定変動幅を1,000pips(10円)、

注文間隔を20pipsに設定し、当社のデモ口座で運用しているiサイクル注文®を

ランキング形式で毎週更新しています。

iサイクル注文の戦略立てや必要資金の目安にご活用ください。

※デモ口座は当社店頭取引の実際のお取引と同じレートを使用しております。

※2015年11月16日からデモ口座で運用し、

決済損益(単位:円)の高い順に上位5つの口座を表示しています。

miniコース(1,000通貨コース)での

ランキングなので、

必要資金が50万円前後で出来るものもランクインしています。


2017年7月7日時点(*調査日 2017年7月10日)での

決済損益のランキングは以下のようになりました。

iサイクル注文検証2017年7月
iサイクル注文検証2017年7月2

ここ数か月間、変動がなかった

ランキング順位に動きがありました



ユーロドルの売り(ショート)と買い(ロング)の

両方がランクインしているのは先月までと同じです。

iサイクル注文検証2017年7月3ユーロドルショート

1位のユーロドルショートの注文間隔「20pips」、

想定変動幅「1,000pips」は

私のトラッキングトレード稼働中の戦略とほぼ同じです。

詳しくはこちら→トラッキングトレード 検証 2017年7月10日


先月から違うのはユーロ円が圏外に。


そして、豪ドル円の売り(ショート)と買い(ロング)の

両方がランクインしてきましたね。


ランキング5位までは、

ユーロドル、豪ドル円、NZドル円の

3通貨ペアが占めています。


この3つは

私もトラッキングトレードで運用している通貨ペア・戦略です。


注文間隔「20pips」、

想定変動幅を「1,000pips」以内に設定した場合、

このあたりの通貨ペアが、

リピート系FXの得意とするところなのでしょうか。


私の先月のリピート系FXの成績まとめ記事

トラッキングトレード 検証 2017年6月 運用成績 まとめ



実はトラッキングトレードでは、

iサイクル注文とほとんど同じことが出来ます


FXトレーディングシステムズ

スプレッドも、トラッキングトレードの方が有利な

通貨ペアが多いですしね。


また、選ぶだけのFXのループ・イフダンでも、

ユーロドルに20pipsの設定があり、

こちらは買いか売りか?を選ぶだけで設定が可能です。

ループ・イフダン ユーロドル

口座開設はこちらからどうぞ。

アイネット証券



リピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


引き続き、検証作業を続けていきたいと思います。


サイクル注文」「iサイクル注文」が始められる

外為オンラインの新口座開設はこちらからどうぞ→外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

FX口座の開設方法の一例→FX初心者のためのFXの始め方


注目記事。  FX手法 豪ドル円・NZドル円のさや取りトレード

シストレ24 フルオート検証 大損からその後 2017年7月



     

トラリピの手数料は高いのかiサイクル注文と比較 2017


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トラリピの手数料は高いのかトライオートFXと比較 2017に続く、

リピート系FX2社の手数料・取引コスト比較記事。


今回も「トラリピ」と他社リピート系FXとの比較です。

参考記事→FX リピート系注文 比較


約64万円の利益が出た、先月の私の

リアル口座・リアルマネーのリピート系FXの成績公開

記事→トラッキングトレード 検証 2017年5月 運用成績 まとめ


今回は「トラリピ」と

外為オンラインの「iサイクル注文」の取引コスト比較記事です。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

両サービスともに、スプレッド以外の手数料が発生します。
(*記事後半に手数料無料キャンペーンの解説あり)


また、両者とも1,000通貨取引が可能なのですが、

iサイクル注文は

1,000通貨取引(miniコース)時と

1万通貨取時では、

取引コストは変動しません。 

手数料は同じ(1,000通貨換算した場合)
です。


一方のトラリピは、

1万通貨取引時よりも

1,000通貨取引時の方が取引コスト(手数料)が高くなります



トラリピ」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-900円=1,100円の利益

利益の約半分弱が取引コストになります。


リピート系FXでは、

中長期の為替の変動に耐えられるように

1,000通貨単位で取引する方が多いようです。


トラリピ」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1,000通貨版2017改

2,000円-1,300円=700円の利益

利益の約3分の2ほどが取引コストになります。


それでは今回の比較対象の

外為オンラインの「iサイクル注文」はどうでしょうか。


iサイクル注文」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1万通貨版2017

2,000円-500円=1,500円の利益

取引コストは利益の4分の1ほどです。


次に「iサイクル注文」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1000通貨版2017

2,000円-500円=1,500円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


トラリピと比較しても取引コストは割安です。

今回もiサイクル注文と比較したら

トラリピの手数料の高さがはっきりとわかる結果となりました。


ですが、今回の比較はこれではまだ終わりません。

実はiサイクル注文は、

新規口座開設後90日間は

手数料無料キャンペーンを開催
しています。

新規注文、決済注文の往復が手数料無料です。

*以下、「キャンペーン期間」を「CP期間」と表記します


CP期間中に「iサイクル注文」で

米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1万通貨版2017CP期間中

2,000円-100円=1,900円の利益

取引コストは利益の約20分の1です。


次にCP期間中に「iサイクル注文」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1,000通貨版2017CP期間中

2,000円-100円=1,900円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


ということで、iサイクル注文はCP期間中は、

こちらの一覧表の中でも→FX リピート系注文 比較

比較的取引コストが安いです。


iサイクル注文が利用できる

外為オンラインの口座開設はこちらからどうぞ。

外国為替証拠金取引の外為オンライン


当サイトリピート系FX・人気NO.1で

私もリアルマネーで運用中の

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


注目記事。  トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017

トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較 2017



     

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム