スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > iサイクル注文

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【リピ系FX確定損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

トラリピの手数料は高いのかiサイクル注文と比較 2017


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トラリピの手数料は高いのかトライオートFXと比較 2017に続く、

リピート系FX2社の手数料・取引コスト比較記事。


今回も「トラリピ」と他社リピート系FXとの比較です。

参考記事→FX リピート系注文 比較


約64万円の利益が出た、先月の私の

リアル口座・リアルマネーのリピート系FXの成績公開

記事→トラッキングトレード 検証 2017年5月 運用成績 まとめ


今回は「トラリピ」と

外為オンラインの「iサイクル注文」の取引コスト比較記事です。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

両サービスともに、スプレッド以外の手数料が発生します。
(*記事後半に手数料無料キャンペーンの解説あり)


また、両者とも1,000通貨取引が可能なのですが、

iサイクル注文は

1,000通貨取引(miniコース)時と

1万通貨取時では、

取引コストは変動しません。 

手数料は同じ(1,000通貨換算した場合)
です。


一方のトラリピは、

1万通貨取引時よりも

1,000通貨取引時の方が取引コスト(手数料)が高くなります



トラリピ」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-900円=1,100円の利益

利益の約半分弱が取引コストになります。


リピート系FXでは、

中長期の為替の変動に耐えられるように

1,000通貨単位で取引する方が多いようです。


トラリピ」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1,000通貨版2017改

2,000円-1,300円=700円の利益

利益の約3分の2ほどが取引コストになります。


それでは今回の比較対象の

外為オンラインの「iサイクル注文」はどうでしょうか。


iサイクル注文」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1万通貨版2017

2,000円-500円=1,500円の利益

取引コストは利益の4分の1ほどです。


次に「iサイクル注文」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1000通貨版2017

2,000円-500円=1,500円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


トラリピと比較しても取引コストは割安です。

今回もiサイクル注文と比較したら

トラリピの手数料の高さがはっきりとわかる結果となりました。


ですが、今回の比較はこれではまだ終わりません。

実はiサイクル注文は、

新規口座開設後90日間は

手数料無料キャンペーンを開催
しています。

新規注文、決済注文の往復が手数料無料です。

*以下、「キャンペーン期間」を「CP期間」と表記します


CP期間中に「iサイクル注文」で

米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1万通貨版2017CP期間中

2,000円-100円=1,900円の利益

取引コストは利益の約20分の1です。


次にCP期間中に「iサイクル注文」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1,000通貨版2017CP期間中

2,000円-100円=1,900円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


ということで、iサイクル注文はCP期間中は、

こちらの一覧表の中でも→FX リピート系注文 比較

比較的取引コストが安いです。


iサイクル注文が利用できる

外為オンラインの口座開設はこちらからどうぞ。

外国為替証拠金取引の外為オンライン


当サイトリピート系FX・人気NO.1で

私もリアルマネーで運用中の

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


注目記事。  トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017

トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較 2017



     

iサイクル注文 検証 2017年6月


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


月に一度の更新ペースの

外為オンライン

iサイクル注文(特許取得済)」に関する検証ブログ記事です。

先月の記事はこちら→iサイクル注文 検証 2017年5月


ループ・イフダン評判・検証シリーズ、

トラッキングトレード評判・検証シリーズのように

iサイクル注文(特許取得済)の

検証結果を定期的に公開していきます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

データとして掲載するのは、

外為オンラインの公式HPにある

iサイクル研究室」の「決済損益のランキング」です。

iサイクル注文検証2017年1月

想定変動幅を1,000pips(10円)、

注文間隔を20pipsに設定し、当社のデモ口座で運用しているiサイクル注文®を

ランキング形式で毎週更新しています。

iサイクル注文の戦略立てや必要資金の目安にご活用ください。

※デモ口座は当社店頭取引の実際のお取引と同じレートを使用しております。

※2015年11月16日からデモ口座で運用し、

決済損益(単位:円)の高い順に上位5つの口座を表示しています。

miniコース(1,000通貨コース)での

ランキングなので、

必要資金が50万円以下で出来るものがランクインしています。


2017年6月9日時点(*調査日 2017年6月12日)での

決済損益のランキングは以下のようになりました。

iサイクル注文検証2017年6月
iサイクル注文検証2017年6月2

先々月、先月、その前からも数か月間、

ランキング順位の変動がありません
ね。


先月同様、ユーロドルは売り(ショート)と買い(ロング)の

両方がランクインしており、

ショートの方が好成績で、

決済損益に2倍の金額差が開いている点

興味深いですね。

iサイクル注文検証2017年6月ユーロドルショート決済損益

決済損益推移グラフを見ても、きれいな右肩上がりです。


2017年5月のユーロドルは、

揉み合いながら上昇しました。

20170612ユーロドル日足

チャート画像はメタトレーダー4のものです。  メタトレーダー4とは?


ちなみにユーロドルの売りと、NZドル円の買いは、

私がトラッキングトレードで運用中の戦略です。


また、注文間隔20pipsは

私の運用方法と似ています



参考記事→トラッキングトレード 検証 2017年5月 運用成績 まとめ



実はトラッキングトレードでは、

iサイクル注文とほとんど同じことが出来ます


FXトレーディングシステムズ

スプレッドも、トラッキングトレードの方が有利な

通貨ペアが多いですしね。


また、選ぶだけのFXのループ・イフダンでも、

ユーロドルに20pipsの設定があり、

こちらは買いか売りか?を選ぶだけで設定が可能です。

ループ・イフダン ユーロドル

口座開設はこちらからどうぞ。

アイネット証券



リピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


引き続き、検証作業を続けていきたいと思います。


サイクル注文」「iサイクル注文」が始められる

外為オンラインの新口座開設はこちらからどうぞ→外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

FX口座の開設方法の一例→FX初心者のためのFXの始め方


注目記事。  FX手法 豪ドル円・NZドル円のさや取りトレード

ループ・イフダンセミナー講師内定!ループ・イフダン 検証 2017年6月9日



     

iサイクル注文 検証 2017年5月


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


数か月前から開始しました

外為オンライン

iサイクル注文(特許取得済)」に関する検証ブログ記事です。

先月の記事はこちら→iサイクル注文 検証 2017年4月


ループ・イフダン評判・検証シリーズ、

トラッキングトレード評判・検証シリーズのように

iサイクル注文(特許取得済)の

検証結果を定期的に公開していきます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

データとして掲載するのは、

外為オンラインの公式HPにある

iサイクル研究室」の「決済損益のランキング」です。

iサイクル注文検証2017年1月

想定変動幅を1,000pips(10円)、

注文間隔を20pipsに設定し、当社のデモ口座で運用しているiサイクル注文®を

ランキング形式で毎週更新しています。

iサイクル注文の戦略立てや必要資金の目安にご活用ください。

※デモ口座は当社店頭取引の実際のお取引と同じレートを使用しております。

※2015年11月16日からデモ口座で運用し、

決済損益(単位:円)の高い順に上位5つの口座を表示しています。

miniコース(1,000通貨コース)での

ランキングなので、

必要資金が50万円以下で出来るものがランクインしています。


2017年5月5日時点(*調査日 2017年5月10日)での

決済損益のランキングは以下のようになりました。

iサイクル注文検証2017年5月

iサイクル注文検証2017年5月2

先々月、先月から、ランキング順位の変動がありませんね。


先月同様、ユーロドルは売り(ショート)と買い(ロング)の

両方がランクインしており、

ショートの方が好成績な点が興味深いですね。

iサイクル注文検証2017年5月3ユーロドルショート

損益チャートを見ても、きれいな右肩上がりです。


2017年4月のユーロドルは、

いい感じに揉み合ってくれましたからね。

iサイクル注文検証2017年5月3ユーロ週足チャート

チャート画像はメタトレーダー4のものです。  メタトレーダー4とは?


ちなみにNZドル円の買いは、

私がトラッキングトレードで運用中の戦略です。


また、注文間隔20pipsは

私の運用方法と似ています



参考記事→トラッキングトレード 検証 2017年4月 運用成績 まとめ



実はトラッキングトレードでは、

iサイクル注文とほとんど同じことが出来ます


FXトレーディングシステムズ

スプレッドも、トラッキングトレードの方が有利な

通貨ペアが多いですしね。


また、選ぶだけのFXのループ・イフダンでも、

ユーロドルに20pipsの設定があり、

こちらは買いか売りか?を選ぶだけで設定が可能です。

ループ・イフダン ユーロドル

口座開設はこちらからどうぞ。

アイネット証券



リピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


引き続き、検証作業を続けていきたいと思います。


サイクル注文」「iサイクル注文」が始められる

外為オンラインの新口座開設はこちらからどうぞ→外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

FX口座の開設方法の一例→FX初心者のためのFXの始め方


注目記事。  SBI FXトレード リピート系注文

FXトレード・フィナンシャル 悪評を含む口コミ・レビュー動画



     

iサイクル注文 検証 2017年4月


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


数か月前から開始しました

外為オンライン

iサイクル注文(特許取得済)」に関する検証ブログ記事です。

先月の記事はこちら→iサイクル注文 検証 2017年3月


ループ・イフダン評判・検証シリーズ、

トラッキングトレード評判・検証シリーズのように

iサイクル注文(特許取得済)の

検証結果を定期的に公開していきます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

データとして掲載するのは、

外為オンラインの公式HPにある

iサイクル研究室」の「決済損益のランキング」です。

iサイクル注文検証2017年1月

想定変動幅を1,000pips(10円)、

注文間隔を20pipsに設定し、当社のデモ口座で運用しているiサイクル注文®を

ランキング形式で毎週更新しています。

iサイクル注文の戦略立てや必要資金の目安にご活用ください。

※デモ口座は当社店頭取引の実際のお取引と同じレートを使用しております。

※2015年11月16日からデモ口座で運用し、

決済損益(単位:円)の高い順に上位5つの口座を表示しています。

miniコース(1,000通貨コース)での

ランキングなので、

必要資金が50万円以下で出来るものがランクインしています。


2017年3月31日時点(*調査日 2017年4月8日)での

決済損益のランキングは以下のようになりました。

iサイクル注文検証2017年4月

iサイクル注文検証2017年4月2

先月から、ランキング順位の変動がありませんね。


ユーロドルは売り(ショート)と買い(ロング)の

両方がランクインしており、

ショートの方が好成績な点が興味深いですね。

iサイクル注文検証2017年4月3

損益チャートを見ても、きれいな右肩上がりです。


ちなみにNZドル円の買いは、

私がトラッキングトレードで運用中の戦略です。


また、注文間隔20pipsは

私の運用方法と似ています



参考記事→トラッキングトレード 検証 2017年3月 運用成績 まとめ



実はトラッキングトレードでは、

iサイクル注文とほとんど同じことが出来ます


FXトレーディングシステムズ

スプレッドも、トラッキングトレードの方が有利な

通貨ペアが多いですしね。

リピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


引き続き、検証作業を続けていきたいと思います。


サイクル注文」「iサイクル注文」が始められる

外為オンラインの新口座開設はこちらからどうぞ→外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

FX口座の開設方法の一例→FX初心者のためのFXの始め方

こちらのも当サイトでは人気です→ループ・イフダン


注目記事。  SBI FXトレード リピート系注文

GMOクリック証券 インヴァスト証券 FX どっちがいい?



     

iサイクル注文 検証 2017年3月


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


数か月前から開始しました

外為オンライン

iサイクル注文(特許取得済)」に関する検証ブログ記事です。

先月の記事はこちら→iサイクル注文 検証 2017年2月


ループ・イフダン評判・検証シリーズ、

トラッキングトレード評判・検証シリーズのように

iサイクル注文(特許取得済)の

検証結果を定期的に公開していきます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

データとして掲載するのは、

外為オンラインの公式HPにある

iサイクル研究室」の「決済損益のランキング」です。

iサイクル注文検証2017年1月

想定変動幅を1,000pips(10円)、

注文間隔を20pipsに設定し、当社のデモ口座で運用しているiサイクル注文®を

ランキング形式で毎週更新しています。

iサイクル注文の戦略立てや必要資金の目安にご活用ください。

※デモ口座は当社店頭取引の実際のお取引と同じレートを使用しております。

※2015年11月16日からデモ口座で運用し、

決済損益(単位:円)の高い順に上位5つの口座を表示しています。

miniコース(1,000通貨コース)での

ランキングになったので、

必要資金が50万円以下で出来るものがランクインしています。


2017年3月10日時点(*調査日 2017年3月13日)での

決済損益のランキングは以下のようになりました。

iサイクル注文検証2017年3月

iサイクル注文検証2017年3月2

先月から、ランキング順位の変動がありませんね。


ユーロドルの売り、ユーロ円の売り、

NZドル円の買い、ユーロドルの買い、

豪ドル円の売りと色々な通貨ペア・売買方向が

ランクインしています。


NZドル円の買い、ユーロドルの買いは、

私がトラッキングトレードで運用中の戦略です。


また、注文間隔20pipsは

私の運用方法と似ています



参考記事→トラッキングトレード 検証 2017年3月13日



実はトラッキングトレードでは、

iサイクル注文とほとんど同じことが出来ます


FXトレーディングシステムズ

スプレッドも、トラッキングトレードの方が有利な

通貨ペアが多いですしね。

リピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


引き続き、検証作業を続けていきたいと思います。


サイクル注文」「iサイクル注文」が始められる

外為オンラインの新口座開設はこちらからどうぞ→外為オンライン

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

FX口座の開設方法の一例→FX初心者のためのFXの始め方

こちらのも当サイトでは人気です→ループ・イフダン


注目記事。  シストレ24 タイアップ

SBI FXトレード タイアップ  FXブロードネット タイアップ



     

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム