スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > GMOコイン

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

ビットコインFX スワップポイントはある?ない?

 投稿日:2017.11.29 | 最終更新日:2017.11.29

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


ビットコイン入門 現物取引とレバレッジ取引の違い

GMOコインは追証なし?に続く、

ビットコインを含む・仮想通貨・暗号通貨に関するブログ記事。

ビットコインを始めとする仮想通貨の取引は

「まだまだ始まったばかりで

進化・仕様の変化が予想されます」

ブログ投稿時の情報をもとに作成しています。

ビットコインFX スワップポイントはある?ない?

今回は、ビットコインには

スワップポイントはあるのか?ないのか?について。


先にYouTubeでも動画を公開済みです。

動画はこちらです。



上の動画が表示されない場合はこちらをクリックしてみてください。


ビットコインは国家が発行している通貨ではないので、

政策金利などがない(はず)です。

なので、FXのようにスワップポイントの

受け取りや支払いは発生しません


ビットコインFX スワップポイントはある?ない?2

ここまでのお話は現物取引の場合です。


ところが、

ビットコイン入門 現物取引とレバレッジ取引の違いで書きましたが

ビットコインの取引には

ビットコインそのものを取引するだけでなく、

ビットコインFX」と呼ばれるFXと似た仕組みで

取引する手段・会社があります。


その場合、スワップポイントではないのですが、

金利のようなものが発生する会社もあるので注意が必要です。

ビットコインFX スワップポイントはある?ない?3

ビットコインFXでも国内シェアはNO.1であろう

GMOコイン」の場合、

レバレッジ手数料」というものがあり、

買いでも売りでも日に0.05%の手数料が発生します。


これが意外とバカにできない金額で、

1BCが80万円の場合=1日400円

1か月だと12,000円のコストとなります。
(*ビットコインの価格により変動。手数料は記事公開時点の情報)。


ということで、

レバレッジをかけて取引する

ビットコインFX」でビットコインの取引をする場合、

これから先はこのような手数料の金額の違いも、

業者選択の肝になってくるのではないでしょうか。


注目記事。  ループ・イフダン (旧名称 シストレi-NET) タイアップ

ヒロセ通商 トルコリラ円 スプレッドとスワップポイント



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

GMOコインは追証なし?

 投稿日:2017.11.25 | 最終更新日:2017.11.25

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


ビットコイン入門 現物取引とレバレッジ取引の違いに続く、

ビットコインを含む・仮想通貨・暗号通貨に関するブログ記事。


Twitterと、そのTwitterの発信者さんが運営している

ブログ記事上での記述で気になったのが、

追証なし」と文言でした。

GMOコインは追証なし?

このことについては

YouTubeで動画を公開済みです。



よりわかりやすい表現にすると

「追証制度なし」であって「追証なし」ではないと思います


GMOコインでの仮想通貨FXでの取引では

証拠金維持率を割ると、

自動ロスカット(強制ロスカット)が執行される取引ルール
です。


なので、「維持率○○%を割ると、

追加証拠金の差し入れが発生する
」ような

追証制度」はGMOコインにはありませんが、

追加証拠金(不足金)が発生する可能性はあります。


「追証制度がない」ことと「追証が発生しない」ことは別です。

GMOコインは追証なし?2

現物取引ではそのようなことが

発生する可能性はありませんが、

ビットコインFX」と呼ばれている仕組みで、

特にレバレッジをかけて取引をしている場合は、

それらの可能性が出てきます。


・ビットコインFX業者の

 メンテナンス中に大きな価格変動があった

・ビットコインFX業者のシステムが

 ダウンした時に大きな価格変動があった

・強制ロスカット執行時に大きなスリッページが発生した



上記が、追加証拠金(不足金)の発生する

可能性のあるケースです。


今回のお話は非常に複雑なのでまとめますと、

レバレッジをかけて

ビットコインFX取引(特に25倍など)をしている場合は、

預けているお金以上の入金が求められる

可能性があるということだけ知っておいてください



注目記事。  トライオートETF デメリット 銘柄数が少ない

アイネットFX タイアップ  ヒロセ通商 タイアップ



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【YouTubeチャンネル】

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム