スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > リピトレ

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

リピートトレール注文 評判 リピート系FXとは言えない?


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


FX業界で今一番盛り上がっているのが

リピート系FXと呼ばれるジャンルの

FXサービスではないでしょうか?


私自身、リアルマネー・リアル口座で

試行錯誤を繰り返して、

2017年1月~6月までの月間の平均利益は

50万円を超えるようになりました(*確定損益)。

スノーキーのリピート系FX投資歴2017年6月末

2017年の6月のリピート系FXの

獲得利益の合計は70万円を超えました。



先々月の運用成績公開記事はこちら

トラッキングトレード 検証 2017年5月 運用成績 まとめ


色々なFX会社がリピート系FX

それに似たようなサービスを提供しています。


一つのFXサービスや注文方法について

インターネット検索などで調べてみると、

まるで夢のようなサービスのような書き方をしているものがあったり、

その逆の書き方をしているものがあります。


今回レビューします、

YJFX(ワイジェイFX)

リピトレ(リピートトレール注文)に関しても、

ネット上での意見は様々です。


が、私の定義では

リピートトレール注文はリピート系FXとは言えないと思います。


私のリピート系FXの定義はこちらです。

スノーキーのリピート系FXの定義

リピトレには、

「3」の上昇や下降相場を追尾する機能がない
からです。


下の図のように、

永遠に一定のレンジ内での値動きが続けばいいですが、

実際には、

上昇や下降トレンドが発生するのが為替相場です。

リピート系・トラップ系FXレンジ相場取引図


ということで、レンジ相場が続く場面では

リピートトレール注文は有効だと思いますが、

上や下に抜けた時は、

損失に繋がりますので、ご注意ください。



私が思うリピート系FXの条件を満たしている会社と、

その比較一覧はこちら→FX リピート系注文 比較



ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


注目記事。  トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017

FX初心者さん向け そもそもリピート系FXとは?解説動画



     

トラリピの手数料は高いのかリピトレと比較


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


マネースクウェア・ジャパン」の「トラリピ」と

FXのリピート系注文の他社との取引コスト比較記事シリーズ。

■このページの目次

◆トラリピの取引コスト
◆リピトレの取引コスト
◆リピトレはリピート系FXとは言えない?
 ◆リピート系FX比較(*別ページに飛びます)

過去の記事はこちら。

トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017

トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較 2017

トラリピの手数料は高いのかiサイクル注文と比較 2017

トラリピの手数料は高いのかオートレールと比較 2017



トラリピの取引コスト

トラリピの取引コストは、

米ドル円1万通貨往復取引の場合、

スプレッド1銭を100円と換算すると1000円かかります。

トラリピ取引コスト

今回はリピトレ 評判でご紹介しました

ボックス相場では取引コストをおさえられる

ワイジェイFX」の「リピートトレール注文」との比較です。


ワイジェイFX」は米ドル円スプレッドが0.3銭原則固定で、

リピートトレール注文には別途手数料はかかりません。


今回も、両社で

米ドル円1万通貨往復1回取引したとして、

1銭のスプレッドを100円として算出します。



リピトレの取引コスト

まず、取引コストの差ですが、

米ドル円1万通貨往復取引の場合、

トラリピ」は1000円かかります。

一方の「リピートトレール注文」は30円です。

トラリピ・リピトレ取引コスト比較

約30分の1程度の取引コストです。


2社のサービスで、

それぞれ20銭の値幅を獲得した際の

利益の金額を出したのが以下の図です。

トラリピとリピトレ利益比較

トラリピ」は1000円の実利なのに対して、

リピートトレール注文」は1970円の実利ということになります。


圧倒的な取引コストの差となりました。



リピトレはリピート系FXとは言えない?

とは言え「リピートトレール注文」は

ボックス相場が得意な単純な

連続注文なので、

全てにおいてトラリピよりも優れているわけではありません



*追記 詳しくはこちらの記事で

リピートトレール注文 評判 リピート系FXとは言えない?


今回はリピート系注文として

一括りにして比較しましたけどね。


リピートトレール注文」の利用には

ワイジェイFX・外貨exの口座が必要になります。


*後日追記 2016年2月に情報漏えい事件が発覚しました

詳細はこちら→YJFX ワイジェイFX 顧客情報漏えい


選ぶだけのFX比較はこちら→選ぶだけのFX

その他のリピート系注文比較→FX リピート系注文 比較

 ◆目次にもどる

注目記事。   さきよみLIONチャート検証ブログ

ワイジェイFX タイアップ  FX ユーロが動きやすい時間帯



*2017年8月20日 目次を追加

     

リピトレ 評判


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トライオートFX 評判

マネーパートナーズ 連続予約注文 評判

JNB-FX PLUS 連続IFDOCO注文 評判などに続く、

FX業界で大流行中のリピート系注文の詳細記事。


今回はワイジェイFXの外貨exに口座があると、

別途手数料などはかからず、

スプレッドも通常取引そのままで使える

リピートトレール注文」愛称「リピトレ」とは何か?です。


*追記 後日に書きましたリピトレのレビュー記事はこちら

リピートトレール注文 評判 リピート系FXとは言えない?


*後日追記 2016年2月に情報漏えい事件が発覚しました

詳細はこちら→YJFX ワイジェイFX 顧客情報漏えい

類似のリピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


レンジ相場・・・特に上下の値幅が一定の

ボックス相場」でリピート系注文を利用したい方はこれです。


リピートトレール注文とは?

ワイジェイFX・外貨exが提供する

注文方法の一つで

(新規リアルタイム+決済トレール注文)の繰り返し」を

してくれる注文方法です。

リピートトレール注文・リピトレとは?

先ほども書きましたが、

別のサービスではなく

外貨exのスプレッドが適用されるので狭いです。


リピートトレール注文のデメリットは?

デメリットですが、

この注文方法は(恐らく)レンジ相場を想定して

実装されたものなので、

上昇トレンドに合わせた連続注文や

下降トレンドに合わせた連続注文などの

複雑なものを作成・発注することは出来ません


また、選ぶだけという簡単なものではありません

自分で決済トレール幅を

設定して注文を出す必要があります。

リピートトレール注文の注文方法

複雑な注文を出したい方はこちら→インヴァスト証券「トライオートFX」

選ぶだけのリピート系FXで人気がこちら→シストレi-NET


まとめ

レンジ相場で利益を狙いたいだけなら、

他社の同様のサービスと比較して、

コスト面では圧倒的に有利です。


米ドル円などが一定のレンジで

揉み合いを続けているような場合には効果を発揮しそうですね。


リピートトレール注文を利用するには

ワイジェイFX・外貨exの口座が必要です。


*後日追記 2016年2月に情報漏えい事件が発覚しました

詳細はこちら→YJFX ワイジェイFX 顧客情報漏えい

類似のリピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。   トラリピの手数料は高いのかトライオートFXと比較

シストレi-NET 評価  トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較



     
2015/08/06(木) ワイジェイFX評判

FX レンジ相場 注文方法


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


2014年~2015年にかけて

各社が提供を続々とリリースしているのがFXのリピート系注文

連続注文系が出来る、半自動売買の注文方法です。

比較記事はこちら→FX リピート系注文 比較


私も比較一覧表や

ブログ記事やYouTubeなどで、

特徴やメリット・デメリットをお伝えしようとしているのですが、

結局どこを使ったらいいんだろう?」と

悩まれている方も多いのでは?


また、その中でも「レンジ相場での注文のみ」を

ご希望の方はワイジェイFXの

リピートトレール注文」・・・愛称「リピトレ」が良いですよ!


*後日追記 2016年2月に情報漏えい事件が発覚しました

詳細はこちら→YJFX ワイジェイFX 顧客情報漏えい

類似のリピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


ワイジェイFXリピートトレール注文

上の図のようにリピートトレール注文とは、

新規リアルタイム+決済トレール注文の繰り返しです。


リピートトレール注文をおススメする理由は、

外貨exの注文方法の一つだからです。

リピートトレール注文の注文方法

それがなぜ良いのか?ということですが、

スプレッドは外貨exのものが適用されるので狭いです。



また、他社のリピート系・連続注文の場合、

別途手数料がかかる場合もありますが、

リピートトレール注文は通常の注文方法の一つなので、

そういった上乗せされた手数料・コストはかかりません


その代り、上昇トレンドに合わせた連続注文や

下降トレンドに合わせた連続注文などの複雑なものを

作成・発注することは出来ません。


ですが、レンジ相場で利益を狙いたいだけなら、

リピートトレール注文がコスト面では圧倒的に有利です。


リピートトレール注文を利用するには

ワイジェイFX・外貨exの口座が必要です。


*後日追記 2016年2月に情報漏えい事件が発覚しました

詳細はこちら→YJFX ワイジェイFX 顧客情報漏えい

類似のリピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。   シストレi-NET 評価  FX 補償 補填 ほしょう ほてん  

SBI FXトレード タイアップ  FXスノーキー愛用ツール  FXブロードネット タイアップ



     
2015/07/15(水) FX注文方法比較

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム