スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > リピトレ

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【リピ系FX月間損益】

【管理人の利用FX口座】

【管理人の愛用ツール】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

トラリピの手数料は高いのかリピトレと比較


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


マネースクウェア・ジャパン」の「トラリピ」と

FXのリピート系注文の他社との取引コスト比較記事シリーズ。


過去の記事はこちら。

トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較

トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較

トラリピの手数料は高いのかトライオートFXと比較


いつも書きますが、トラリピの取引コストは、

米ドル円1万通貨往復取引の場合、

スプレッド1銭を100円と換算すると1000円かかります。

トラリピ取引コスト

今回はリピトレ 評判でご紹介しました

ボックス相場では取引コストをおさえられる

ワイジェイFX」の「リピートトレール注文」との比較です。


ワイジェイFX」は米ドル円スプレッドが0.3銭原則固定で、

リピートトレール注文には別途手数料はかかりません。


今回も、両社で

米ドル円1万通貨往復1回取引したとして、

1銭のスプレッドを100円として算出します。


まず、取引コストの差ですが、

米ドル円1万通貨往復取引の場合、

トラリピ」は1000円かかります。

一方の「リピートトレール注文」は30円です。

トラリピ・リピトレ取引コスト比較

約30分の1程度の取引コストです。


2社のサービスで、

それぞれ20銭の値幅を獲得した際の

利益の金額を出したのが以下の図です。

トラリピとリピトレ利益比較

トラリピ」は1000円の実利なのに対して、

リピートトレール注文」は1970円の実利ということになります。


圧倒的な取引コストの差となりました。


とは言え「リピートトレール注文」は

ボックス相場が得意な単純なリピート注文なので、

全てにおいてトラリピよりも優れているわけではありません。


今回はリピート系注文として

一括りにして比較しましたけどね。


リピートトレール注文」の利用には

ワイジェイFX・外貨exの口座が必要になります。


*後日追記 2016年2月に情報漏えい事件が発覚しました

詳細はこちら→YJFX ワイジェイFX 顧客情報漏えい


選ぶだけのFX比較はこちら→選ぶだけのFX

その他のリピート系注文比較→FX リピート系注文 比較


注目記事。   さきよみLIONチャート検証ブログ

ワイジェイFX タイアップ  FX ユーロが動きやすい時間帯



     

FX レンジ相場 注文方法


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


2014年~2015年にかけて

各社が提供を続々とリリースしているのがFXのリピート系注文

連続注文系が出来る、半自動売買の注文方法です。

比較記事はこちら→FX リピート系注文 比較


私も比較一覧表や

ブログ記事やYouTubeなどで、

特徴やメリット・デメリットをお伝えしようとしているのですが、

結局どこを使ったらいいんだろう?」と

悩まれている方も多いのでは?


また、その中でも「レンジ相場での注文のみ」を

ご希望の方はワイジェイFXの

リピートトレール注文」・・・愛称「リピトレ」が良いですよ!


*後日追記 2016年2月に情報漏えい事件が発覚しました

詳細はこちら→YJFX ワイジェイFX 顧客情報漏えい

類似のリピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


ワイジェイFXリピートトレール注文

上の図のようにリピートトレール注文とは、

新規リアルタイム+決済トレール注文の繰り返しです。


リピートトレール注文をおススメする理由は、

外貨exの注文方法の一つだからです。

リピートトレール注文の注文方法

それがなぜ良いのか?ということですが、

スプレッドは外貨exのものが適用されるので狭いです。



また、他社のリピート系・連続注文の場合、

別途手数料がかかる場合もありますが、

リピートトレール注文は通常の注文方法の一つなので、

そういった上乗せされた手数料・コストはかかりません


その代り、上昇トレンドに合わせた連続注文や

下降トレンドに合わせた連続注文などの複雑なものを

作成・発注することは出来ません。


ですが、レンジ相場で利益を狙いたいだけなら、

リピートトレール注文がコスト面では圧倒的に有利です。


リピートトレール注文を利用するには

ワイジェイFX・外貨exの口座が必要です。


*後日追記 2016年2月に情報漏えい事件が発覚しました

詳細はこちら→YJFX ワイジェイFX 顧客情報漏えい

類似のリピート系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。   シストレi-NET 評価  FX 補償 補填 ほしょう ほてん  

SBI FXトレード タイアップ  FXスノーキー愛用ツール  FXブロードネット タイアップ



     
2015/07/15(水) FX注文方法比較

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム