スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > ビットコインFX

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

ビットコイン入門 現物取引とレバレッジ取引の違い

 投稿日:2017.11.16 | 最終更新日:2017.11.16

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら

■このページの目次

◆はじめに(そして注意点)
◆ビットコインの現物取引とは?
◆ビットコインのレバレッジ取引とは?


◆はじめに(そして注意点)

YouTubeの方では、

ビットコインを始めとする

仮想通貨」についてのコンテンツを少しずつ公開しています。


このブログ上でも、

それらに関する記事のコンテンツを増やしていこうと思います。

◆注意点

 仮想通貨は誕生して歴史の浅い通貨、

 そしてそれらから派生する金融商品です。

 これから先に進化・当局の規制による退化、

 仕様変更などが可能性としてかなり高いので最新情報は

 取扱いをしている各業者などの公式HPよりご確認ください。

現時点で、

ビットコインを取引しようとすると、

現物取引」と「レバレッジ取引」の二つに

分類分けされます。



◆ビットコインの現物取引とは?

ビットコインを含む、

仮想通貨の現物取引(げんぶつとりひき)とは何か?

ビットコインの現物取引とは?

その名の通り、

ビットコインそのものを取引すること。

言いかえると「所有者」になること

ただし、手元にコインは送られてきません。


現物株(日本などの企業の株)を

売買されたことのある方なら

ご存知だと思いますが、

○○株を購入したからと言って、

実際に(今は)株券は送られてきません



現物を取引するので、

レバレッジをかけて取引することは不可能で、

ビットコイン(Bitcoin)販売業者で購入することになります。


それぞれのメリット・デメリットについては

後日詳しくお伝えしますが、

購入金額以上の損失が出ないのが特徴です。

また、ビットコインを所有することになるので、

それをショッピングなどに利用することが出来ます
(*ただし、お店が対応している必要がある)。



◆ビットコインのレバレッジ取引とは?

一方のビットコインのレバレッジ取引とは?

ビットコインのレバレッジ取引とは?

日本で多数の業者が新規参入をしており、

これからのビットコイン取引の主な手段となっていきそう。

現物取引と区別するため、

ビットコインFX」と呼ばれることもある。


こちらは、

売買価格」のみを取引するので

ビットコインそのものの所有者にはならない


FXと似た仕組み。


通常は上昇や下落をした際の差益を狙う


その名の通り、証拠金(預けたお金)に

レバレッジをかけて取引することが出来る

日本の今のビットコインFXの

最大レバレッジは25倍の業者がある。


現物取引と違い、

証拠金以上の損失の恐れ
があります。

また、購入したビットコインを使って

ショッピングなどは基本的には出来ません



今回の本文記事は以上です。 ◆目次にもどる


注目記事。  トライオートETF デメリット 銘柄数が少ない

ヒロセ通商 トルコリラ円 スプレッドとスワップポイント



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【YouTubeチャンネル】

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム