スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > トラリピ

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

マネースクウェア・ジャパン 個人情報漏えい続報と行政処分

 投稿日:2017.08.04 | 最終更新日:2017.08.04

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


マネースクウェア・ジャパン 個人情報漏えいに続く、

マネースクウェア・ジャパン」の

個人情報漏えい事件」の続報。


*追記 Youtubeでも動画を公開しました




過去の大手FX会社の情報漏えい事件と言えば、

YJFX(ワイジェイエフエックス)社の

2016年2月に情報漏えい事件が記憶に新しいです。

こちら→
YJFX ワイジェイFX 顧客情報漏えい


話はマネースクウェア・ジャパンの

情報漏えいに戻りますが、

前回の記事では

・2016年 サイバー攻撃によって

 約11万件のお客様に関する

 情報漏えいの可能性があります(調査中)。

でしたが、可能性ではなく「確定」しました。

マネースクウェア・ジャパン個人情報漏えい続報と行政処分

11万人の個人情報漏えいが確定です。


情報漏えいした内容もなかなか深刻です。

色々な組み合わせの情報漏えいパターンがあるようです。


たとえば

ID」「生年月日」「メールアドレス」「電話番号

携帯電話番号」「初回パスワード」の組み合わせが漏えいした方は

4万8,222人とのことです。


その他、色々な組み合わせで

合計11万2,364人の

個人情報漏えいが確認
されたとのことです。


また、前回のブログ記事公開時点では

気付かなかったのですが、

関東財務局より、マネースクウェア・ジャパンに対して

行政処分(業務改善命令)が出ていますね。


新規口座の開設を当面の間停止した上で

更なる顧客情報の流出の危険を網羅的に検証するなど、

顧客情報保護の観点から直ちに万全を期すこと。
」など4つです。


業務停止命令が現時点で

出ていないのは

マネースクウェア・ジャパンにとって救いだと思いますが、

新規口座開設禁止は痛手ではないでしょうか・・・。


それよりも、

恐らく私も個人情報漏えいの対象者なので

どの程度の情報が漏れてしまったのか?や

この後、どのような対応をしてくれるのか?が気になります。


トラリピ・マネスクから他社リピート系FX

引っ越しをしたい方でも、

現在トラリピを稼働中で、含み損を抱えている方は

なかなかすぐには無理ですよね・・・。



トラリピと類似のものもある、

リピート系FX比較一覧表はこちら→FX リピート系注文 比較


私もリアル口座・リアルマネーで運用中!

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


注目記事。  ヒロセ通商 タイアップ

FXは上か下かの二者択一なのにどうして負ける人が多いのか?メンタル



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

マネースクウェア・ジャパン 個人情報漏えい

 投稿日:2017.07.28 | 最終更新日:2017.08.04

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


マネースクウェアHD 上場廃止へトラリピ 最大トラップ本数

トラリピ マネスク スプレッド拡大? 2017に続く、

マネースクウェア・ジャパン」に関するレビューブログ記事。


リアル口座を持っている、

マネースクウェア・ジャパンから、

昨日メールが届いていました。

マネースクウェア・ジャパン情報漏えい

なんと、「個人情報漏えいのお詫びとご報告」。

またですか・・・。


*追記 続報はこちらの記事です

マネースクウェア・ジャパン 個人情報漏えい続報と行政処分


大手FX会社の情報漏えい事件と言えば、

YJFX(ワイジェイエフエックス)社の

2016年2月に情報漏えい事件が記憶に新しいです。

こちら→
YJFX ワイジェイFX 顧客情報漏えい


YJFXの時は、

私の個人情報は漏れていました。

が、お詫びのギフトカードなどが

送られてくることはありませんでした。


話はマネースクウェア・ジャパンの

情報漏えいに戻りますが、

被害の詳細等は

2017年7月31日頃に公表予定とのことです。


マネースクウェア・ジャパンの公式HPによると、

現時点で判明している情報はこちらです。

マネースクウェア・ジャパン情報漏えい詳細

・2017年 サイバー攻撃によって約2,500件の

 個人情報が漏えいしたことが判明いたしました(確定)。

・2016年 サイバー攻撃によって

 約11万件のお客様に関する

 情報漏えいの可能性があります(調査中)。


後者は調査中とのことですが、

11万件なら、私も入ってそうですね・・・。


とりあえず現時点で私たちに出来ることは、

ログインパスワードの変更ですかね。


また、トラリピ・マネスクから他社リピート系FXへの

引っ越しを検討する良い機会かもしれませんね。

引っ越し先(類似他社サービス)によっては、

取引コストがかなり変わります
よ。



トラリピと類似のものもある、

リピート系FX比較一覧表はこちら→FX リピート系注文 比較


私もリアル口座・リアルマネーで運用中!

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


注目記事。  FXブロードネット レビュー

FX 新規成行注文と同時にOCO注文「成行OCO注文」



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

トラリピの手数料は高いのかiサイクル注文と比較 2017

 投稿日:2017.06.22 | 最終更新日:2017.08.20

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トラリピの手数料は高いのかトライオートFXと比較 2017に続く、

リピート系FX2社の手数料・取引コスト比較記事。

■このページの目次

◆トラリピの取引コスト
◆iサイクル注文の取引コスト
◆外為オンライン口座開設
 ◆リピート系FX比較(*別ページに飛びます)

今回も「トラリピ」と他社リピート系FXとの比較です。


約64万円の利益が出た、先月の私の

リアル口座・リアルマネーのリピート系FXの成績公開

記事→トラッキングトレード 検証 2017年5月 運用成績 まとめ


今回は「トラリピ」と

外為オンラインの「iサイクル注文」の取引コスト比較記事です。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

両サービスともに、スプレッド以外の手数料が発生します。
(*記事後半に手数料無料キャンペーンの解説あり)


また、両者とも1,000通貨取引が可能なのですが、

iサイクル注文は

1,000通貨取引(miniコース)時と

1万通貨取時では、

取引コストは変動しません。 

手数料は同じ(1,000通貨換算した場合)
です。


一方のトラリピは、

1万通貨取引時よりも

1,000通貨取引時の方が取引コスト(手数料)が高くなります



トラリピの取引コスト

トラリピ」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-900円=1,100円の利益

利益の約半分弱が取引コストになります。


リピート系FXでは、

中長期の為替の変動に耐えられるように

1,000通貨単位で取引する方が多いようです。


トラリピ」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1,000通貨版2017改

2,000円-1,300円=700円の利益

利益の約3分の2ほどが取引コストになります。



iサイクル注文の取引コスト

それでは今回の比較対象の

外為オンラインの「iサイクル注文」はどうでしょうか。


iサイクル注文」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1万通貨版2017

2,000円-500円=1,500円の利益

取引コストは利益の4分の1ほどです。


次に「iサイクル注文」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1000通貨版2017

2,000円-500円=1,500円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


トラリピと比較しても取引コストは割安です。

今回もiサイクル注文と比較したら

トラリピの手数料の高さがはっきりとわかる結果となりました。


ですが、今回の比較はこれではまだ終わりません。

実はiサイクル注文は、

新規口座開設後90日間は

手数料無料キャンペーンを開催
しています。

新規注文、決済注文の往復が手数料無料です。

*以下、「キャンペーン期間」を「CP期間」と表記します


CP期間中に「iサイクル注文」で

米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1万通貨版2017CP期間中

2,000円-100円=1,900円の利益

取引コストは利益の約20分の1です。


次にCP期間中に「iサイクル注文」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1,000通貨版2017CP期間中

2,000円-100円=1,900円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


ということで、iサイクル注文はCP期間中は、

こちらの一覧表の中でも→FX リピート系注文 比較

比較的取引コストが安いです。



外為オンライン口座開設

iサイクル注文が利用できる

外為オンラインの口座開設はこちらからどうぞ。

外国為替証拠金取引の外為オンライン


当サイトリピート系FX・人気NO.1で

私もリアルマネーで運用中の

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ

 ◆目次にもどる

注目記事。  トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017

トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較 2017



*2017年8月20日 目次を追加

◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

トラリピの手数料は高いのかトライオートFXと比較 2017

 投稿日:2017.06.20 | 最終更新日:2017.08.20

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較 2017に続く、

リピート系FX、2社の手数料・取引コスト比較記事。

■このページの目次

◆トラリピの取引コスト
◆トライオートFXの取引コスト
◆当ブログ人気のループ・イフダン口座開設
 ◆リピート系FX比較(*別ページに飛びます)



今回は「トラリピ」と

インヴァスト証券「トライオートFX」の取引コスト比較記事です。

両サービスともに、スプレッド以外の手数料が発生します。
(*トライオートFXはAP注文時)


今回の2社のサービスはともに、

1,000通貨取引時と、

1万通貨取引時では取引コストが変わります。



トラリピの取引コスト

トラリピ」で

米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-900円=1,100円の利益

利益の約半分弱が取引コストになります。


リピート系FXでは、

為替の変動に耐えられるように

1,000通貨単位で取引する方が多いようです。


トラリピ」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1,000通貨版2017改

2,000円-1,300円=700円の利益

利益の約3分の2ほどが取引コストになります。



トライオートFXの取引コスト

それでは今回の比較対象の

インヴァスト証券「トライオートFX」はどうでしょうか。


トライオートFX」のAP注文で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トライオートFXの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-230円=1,770円の利益

取引コストは利益の約8分の1以下です。


次に「トライオートFX」のAP注文で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トライオートFXの取引コスト1,000通貨版2017改

2,000円-430円=1,570円の利益

1,000取引時は取引コストはやや高めです。


それでも、

トラリピと比較すると取引コストは割安ですよね。

またしても、

トラリピの手数料の高さが目に見えてわかる結果となりました。


ただ、トライオートFXの取引画面は操作が難しく、

初心者向けとは言い難い
です。



当ブログ人気のループ・イフダン口座開設

当サイトリピート系FX・人気NO.1で

私もリアルマネーで運用中の

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較

 ◆目次にもどる

注目記事。  トラリピの手数料は高いのかオートレールと比較 2017

トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017



*2017年8月20日 目次を追加

◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較 2017

 投稿日:2017.05.24 | 最終更新日:2017.09.08

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017に続く、

リピート系FX2社の手数料・取引コスト比較記事。

■このページの目次

◆トラリピの取引コスト
◆トラッキングトレードの取引コスト
◆FXブロードネットタイアップ
 ◆リピート系FX比較(*別ページに飛びます)

今回も「トラリピ」と他社リピート系FXとの比較です。


約40万円の利益が出た、先月の私の

リアル口座・リアルマネーの私のトラッキングトレードの成績公開

記事→トラッキングトレード 検証 2017年4月 運用成績 まとめ


今回は「トラリピ」と

FXブロードネットの「トラッキングトレード」の取引コスト比較記事です。


両サービスともに、スプレッド以外の手数料が発生します。
(*記事後半に手数料無料キャンペーンの解説あり)


また、両者とも1,000通貨取引が可能なのですが、

トラッキングトレードは

1,000通貨取引(ブロードライトコース)時と

1万通貨取引(ブロードコース)時では、

取引コストは変動しません。 

手数料は同じ(1,000通貨換算した場合)
です。


一方のトラリピは、

1万通貨取引時よりも

1,000通貨取引時の方が取引コスト(手数料)が高くなります



トラリピの取引コスト

トラリピ」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-900円=1,100円の利益

利益の約半分弱が取引コストになります。


リピート系FXでは、

為替の変動に耐えられるように

1,000通貨単位で取引する方が多いようです。


トラリピ」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1,000通貨版2017改

2,000円-1,300円=700円の利益

利益の約3分の2ほどが取引コストになります。



トラッキングトレードの取引コスト

それでは今回の比較対象の

FXブロードネットの「トラッキングトレード」はどうでしょうか。


トラッキングトレード」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラッキングトレードの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-430円=1,570円の利益

取引コストは利益の約4分の1弱ほどです。


次に「トラッキングトレード」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラッキングトレードの取引コスト1000通貨版2017改

2,000円-430円=1,570円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


トラリピと比較しても取引コストは割安です。

今回もトラッキングトレードと比較したら

トラリピの手数料の高さがはっきりとわかる結果となりました。


ですが、今回の比較はこれではまだ終わりません。

実はトラッキングトレードは、

新規口座開設後90日間は

手数料無料キャンペーンを開催
しています。

新規注文、決済注文の往復が手数料無料です。

*以下、「キャンペーン期間」を「CP期間」と表記します


CP期間中に「トラッキングトレード」で

米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラッキングトレードの取引コスト1万通貨版2017CP期間中

2,000円-30円=1,970円の利益

取引コストは利益の約20分の1以下です。


次にCP期間中に「トラッキングトレード」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラッキングトレードの取引コスト1000通貨版2017CP期間中改

2,000円-30円=1,970円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


ということで、トラッキングトレードはCP期間中は、

こちらの一覧表の中で→FX リピート系注文 比較

最も取引コストが安いです。



FXブロードネットタイアップ

私もリアルマネーで運用中の

トラッキングトレードが利用できるFXブロードネットと、

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーンを開催中!

FXブロードネットタイアップの詳細

以下のバナーからの新規口座開設で特典付きです。

FXトレーディングシステムズ

上のバナーが表示されない方はこちら→FXブロードネット

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→FXブロードネット タイアップ


リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較

 ◆目次にもどる

注目記事。  sbi証券fx sbifxトレード 違い

FX 上場企業  ヒロセ通商 JFX どっちがいい



*2017年8月20日 目次を追加

◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム