スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > トラップ系FX

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【リピ系FX確定損益】

【管理人の利用FX口座】

【管理人の愛用ツール】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較 2017


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017に続く、

リピート系FX2社の手数料・取引コスト比較記事。


今回も「トラリピ」と他社リピート系FXとの比較です。

参考記事→FX リピート系注文 比較


約40万円の利益が出た、先月の私の

リアル口座・リアルマネーの私のトラッキングトレードの成績公開

記事→トラッキングトレード 検証 2017年4月 運用成績 まとめ


今回は「トラリピ」と

FXブロードネットの「トラッキングトレード」の取引コスト比較記事です。


両サービスともに、スプレッド以外の手数料が発生します。
(*記事後半に手数料無料キャンペーンの解説あり)


また、両者とも1,000通貨取引が可能なのですが、

トラッキングトレードは

1,000通貨取引(ブロードライトコース)時と

1万通貨取引(ブロードコース)時では、

取引コストは変動しません。 

手数料は同じ(1,000通貨換算した場合)
です。


一方のトラリピは、

1万通貨取引時よりも

1,000通貨取引時の方が取引コスト(手数料)が高くなります



トラリピ」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-900円=1,100円の利益

利益の約半分弱が取引コストになります。


リピート系FXでは、

為替の変動に耐えられるように

1,000通貨単位で取引する方が多いようです。


トラリピ」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1,000通貨版2017

2,000円-1,300円=700円の利益

利益の約3分の2ほどが取引コストになります。


それでは今回の比較対象の

FXブロードネットの「トラッキングトレード」はどうでしょうか。


トラッキングトレード」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラッキングトレードの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-430円=1,570円の利益

取引コストは利益の約4分の1弱ほどです。


次に「トラッキングトレード」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラッキングトレードの取引コスト1000通貨版2017

2,000円-430円=1,570円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


トラリピと比較しても取引コストは割安です。

今回もトラッキングトレードと比較したら

トラリピの手数料の高さがはっきりとわかる結果となりました。


ですが、今回の比較はこれではまだ終わりません。

実はトラッキングトレードは、

新規口座開設後90日間は

手数料無料キャンペーンを開催
しています。

新規注文、決済注文の往復が手数料無料です。

*以下、「キャンペーン期間」を「CP期間」と表記します


CP期間中に「トラッキングトレード」で

米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラッキングトレードの取引コスト1万通貨版2017CP期間中

2,000円-30円=1,970円の利益

取引コストは利益の約20分の1以下です。


次にCP期間中に「トラッキングトレード」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラッキングトレードの取引コスト1000通貨版2017CP期間中

2,000円-30円=1,970円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


ということで、トラッキングトレードはCP期間中は、

こちらの一覧表の中で→FX リピート系注文 比較

最も取引コストが安いです。


私もリアルマネーで運用中の

トラッキングトレードが利用できるFXブロードネットと、

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーンを開催中!

FXブロードネットタイアップの詳細

以下のバナーからの新規口座開設で特典付きです。

FXトレーディングシステムズ

上のバナーが表示されない方はこちら→FXブロードネット

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→FXブロードネット タイアップ


リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  sbi証券fx sbifxトレード 違い

FX 上場企業  ヒロセ通商 JFX どっちがいい



     

トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トラリピの手数料は高いのかオートレールと比較 2017に続く、

リピート系FX2社の手数料・取引コスト比較記事。


今回も「トラリピ」と他社リピート系FXとの比較です。

参考記事→FX リピート系注文 比較


直近のリアル口座・リアルマネーの私のループ・イフダンの成績公開

記事→法人口座で取引数量を上げて再スタート!ループ・イフダン 検証 2017年5月19日


今回は「トラリピ」と

当ブログ人気リピート系FX人気NO.1の

アイネットFXの「ループ・イフダン」との取引コスト比較記事です。


両サービスともに、

1,000通貨取引が可能なのですが、

ループ・イフダンは1,000通貨取引時と

1万通貨取引時では、取引コストは変動しません。

ループ・イフダンはスプレッド以外の別途手数料は発生しません


一方のトラリピはスプレッド以外に別途手数料が発生しますし、

1万通貨取引時よりも

1,000通貨取引時の方が取引コスト(手数料)が高くなります



トラリピ」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-900円=1,100円の利益

利益の約半分弱が取引コストになります。


リピート系FXでは、

為替の変動に耐えられるように

1,000通貨単位で取引する方が多いようです。


トラリピ」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1,000通貨版2017

2,000円-1,300円=700円の利益

利益の約3分の2ほどが取引コストになります。


それでは今回の比較対象の

アイネットFXの「ループ・イフダン」はどうでしょうか。


ループ・イフダン」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

ループ・イフダンの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-200円=1,800円の利益

取引コストは利益の約5分の1程度です。


次に「ループ・イフダン」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

ループ・イフダンの取引コスト1,000通貨版2017

2,000円-200円=1,800円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


トラリピと比較しても取引コストは割安です。

今回もループ・イフダンと比較したら

トラリピの手数料の高さが目に見えてわかる結果となりました。


この取引コストの安さが、

ループ・イフダンの人気の理由の一つなんですよね。


当サイトリピート系FX・人気NO.1で

私もリアルマネーで運用中の

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  アイネットFX ループ・イフダン クイック入金方法

FX マイナンバー提出 個人情報の管理は大丈夫?



     

急激な円高進行!そして?トラッキングトレード 検証 2017年5月22日


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


通貨ペアが「24」と豊富でNZドル円が取引可能、

取引間隔や値幅の設定が自分で出来る点が魅力の、

リピート系FXFXブロードネットの「トラッキングトレード」の

戦略と検証シリーズブログ記事・第34弾。

先週末時点での成績です。


トラッキングトレードは

ループ・イフダンと並行して、リアルマネーで運用中です。


今回は前回の

3週連続で含み損が減少!トラッキングトレード 検証 2017年5月15日から、

戦略の変更がありません。


土曜日にYouTubeにて、動画を公開していました。



トラッキングトレードを始める目安の資金はこちら



現在稼働中の3つの戦略全て、自分で値幅設定をしました。


先週末時点で稼働していたのは、

これら3つの戦略で全てロングポジションです。

20170416トラッキングトレード検証米ドル円ロング

20170520米ドル円日足

米ドル円の買いの戦略を1,000通貨・ポジション間隔は19.8pips、

最大ポジション数は「53」です。

20170416トラッキングトレード検証豪ドル円ロング

20170520豪ドル円日足

豪ドル円の買いの戦略を1,000通貨・ポジション間隔は17.9pips、

最大ポジション数は「39」です。

20170416トラッキングトレード検証NZドル円ロング

20170520NZドル円日足

NZドル円の買いの戦略を1,000通貨・ポジション間隔は17.5pips、

最大ポジション数は「40」です。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。 メタトレーダー4とは?


先週の約定履歴の一部はこちらです。

20170522トラッキングトレード検証約定履歴

動画の中でもお話しましたし、

約定履歴をご覧いただくとはっきりとわかりますが、

木曜日から金曜日にかけて、

揉み合ってくれた豪ドル円がまたも稼ぎ頭でした。


先週末時点での口座残高、

確定損益や含み損益は、以下の状態です。

20170522トラッキングトレード検証口座残高

◆2016年12月15日   50万円で再スタート(リアル口座)

証拠金残高  2017年5月20日    74万9,538円

運用トータル実現損益          +24万9,538円

前回公開時比残高          +1万3,826円

含み損益            -15万5,570円(前回比-6万7,614円)

確定損益が約14,000円というのは、上出来です。

が、3通貨ペアとも円高方向に動いたため、

含み損は大きく増加してしまいましたね。

先週末の嫌な予感は的中していまいました。


引き続き、戦略や検証結果などを

ブログ記事やYouTubeで公開していく予定です。

*投資に関する最終決定はご自身の判断と自己責任でお願いします


トラッキングトレードが利用できるFXブロードネットと、

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーンを開催中!

FXブロードネットタイアップの詳細

以下のバナーからの新規口座開設で特典付きです。

FXトレーディングシステムズ

上のバナーが表示されない方はこちら→FXブロードネット

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→FXブロードネット タイアップ

高性能スマホアプリはこちら→FXブロードネット スマホアプリ


リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  FXトレード・フィナンシャル ロスカットルール変更へ

FXトレード・フィナンシャル 悪評を含む口コミ・レビュー動画



     

法人口座で取引数量を上げて再スタート!ループ・イフダン 検証 2017年5月19日


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


選ぶだけのFX&リピート系FX・両方で当ブログ人気NO.1

アイネットFXが提供します

ループ・イフダン」の戦略と検証シリーズ。


トラッキングトレードと並行して、

ループ・イフダンでも

リアル口座・リアルマネーで運用中です。

その検証ブログ記事・第34弾です。


今回はYouTubeにて、動画を先行公開済みです。



バージョンアップでパワーアップしました、「ループ・イフダン」。

ループ・イフダンを始める目安の資金はこちら。



前回のループ・イフダン 検証 2017年5月12日から

法人口座に変更したのですが戦略は同じです。

が、

取引数量や最大ポジション数が以下のように変わりました。

20170519ループ・イフダン検証豪ドル円ロング

ループ・イフダン 豪ドル円B(買い)20」を合計5,000通貨、

最大ポジション数は「32」「33」です。


月曜日の午後の稼働開始から

本日の午後3時過ぎごろまでに、

豪ドル円は以下のように動きました。

20170519ループ・イフダン検証豪ドル円日足

20170519ループ・イフダン検証豪ドル円15分足

チャート画像はメタトレーダー4のものです。  メタトレーダー4とは?


水曜日の米国発・トランプ大統領に関する材料での

急落にはヒヤッとしましたが、

その後に揉み合いながら上昇という、

リピート系FXにとって嬉しい値動きをしてくれました。


今回の約定履歴の一部です。

20170519ループ・イフダン検証約定履歴

ポジションを一気に持って

一気に解消・決済の繰り返しで

利益を積み上げてくれました。


本日時点での口座残高、

確定損益や含み損益は、以下の状態です。

20170519ループ・イフダン検証口座残高

◆2017年5月15日 50万円で再スタート(リアル口座)

2017年5月19日          51万7,217円

運用トータル実現損益     +1万7,217円

前回ブログ記事公開時比残高 再スタートのため前回残高無し

含み損益         -3万4,862円(前回比 再スタートのため前回残高無し)

なかなか好調なスタートとなりました。


引き続き、戦略や検証結果などを

ブログ記事やYouTubeで公開していく予定です。

*投資に関する最終決定はご自身の判断と自己責任でお願いします



ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  FXトレード・フィナンシャル ロスカットルール変更へ

トラリピの手数料は高いのかオートレールと比較 2017



     

トラリピの手数料は高いのかオートレールと比較 2017


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


2015年~2016年にかけて、

リピート系FXの本家ともいえる

トラリピ」と他社の類似サービスとの

手数料比較記事をお送りしてきました。


また、その他のリピート系FX同士の特徴や、

手数料比較記事をお送りしてきました。

参考記事→FX リピート系注文 比較



あれから、実際に運用をスタートして、

月に40万円ぐらいの利益を出すことができるようになりました。

参考記事→トラッキングトレード 検証 2017年4月 運用成績 まとめ


ということで以前よりも知識を深めた私が再度、

トラリピや他社リピート系FXとの比較を

シリーズとして公開していきたいと思います。


今回は「トラリピ」と

マネックス証券FX PLUSの

オートレール」との取引コスト比較記事です。


両サービスともに、1,000通貨取引時と、

1万通貨取引時では取引コストが変わってきます。


トラリピ」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-900円=1,100円の利益

利益の約半分弱が取引コストになります。


リピート系FXでは、

為替の変動に耐えられるように

1,000通貨単位で取引する方が多いようです。


トラリピ」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

トラリピの取引コスト1,000通貨版2017

2,000円-1,300円=700円の利益

利益の約3分の2ほどが取引コストになります。


それでは今回の比較対象の

FXPLUSの「オートレール」はどうでしょうか。


オートレール」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

オートレールの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-200円=1,800円の利益

取引コストは利益の約5分の1程度です。


次に「オートレール」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

オートレールの取引コスト1,000通貨版2017

2,000円-800円=1,200円の利益

1,000取引時は取引コストはやや高めです。


それでも、トラリピと比較すると取引コストは割安ですよね。

トラリピの手数料の高さが目に見えてわかる結果となりました。


オートレール」が利用できます

マネックス証券の新規口座開設はこちらからどうぞ。

FXPLUS


当サイトリピート系FX・人気NO.1で

私もリアルマネーで運用中の

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  アイネットFX ループ・イフダン クイック入金方法

トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較



     

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム