スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > トラップ系FX

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

最新記事

全記事表示リンク

【リピ系FX確定損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

大損報告 FX トラッキングトレード ユーロドルショート100万円損切り動画


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


このままでは大損? トラッキングトレード 検証 2017年7月24日という、

ブログ記事・動画を公開していました。


その中でもお伝えしましたが、

リピート系FXFXブロードネット

トラッキングトレード」の

こちらのユーロドルショートのポジションに

大きな含み損が発生していました。

20170603トラッキングトレード検証ユーロドルショート

ユーロドルの売りの戦略を1,000通貨・ポジション間隔は20.4pips、

想定変動幅は「1,000」pips、最大ポジション数は「49」です。


本日の朝7時、

FXブロードネットにログイン・取引ができる状態になりすぐ、

ブロードコース、ブロードライトコースの両方で

損切りをしました。

20170724トラッキングトレード損切り・大損ツイッター

ツイッターでは

90~95万円と言っていましたが、

恐らく96~97万円、約100万円です。

20170724トラッキングトレード先週末時点での含み損

米ドル円ロングの含み損と合わせると、

先週末時点で約150万円ほどの含み損がありました。


損切りした理由と、

その心境についてお話しました動画を

先ほどYouTubeにて公開しました。

こちらです。



上の動画が表示されない場合はこちらをクリックしてみてください。


損切り後の口座残高や、

2017年7月の月間損益については、

また別記事で公開したいと思います。


引き続き、戦略や検証結果などを

ブログ記事やYouTubeで公開していく予定です。

*投資に関する最終決定はご自身の判断と自己責任でお願いします


トラッキングトレードが利用できるFXブロードネットと、

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーンを開催中!

FXブロードネットタイアップの詳細

以下のバナーからの新規口座開設で特典付きです。

FXトレーディングシステムズ

上のバナーが表示されない方はこちら→FXブロードネット

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→FXブロードネット タイアップ

高性能スマホアプリはこちら→FXブロードネット スマホアプリ


リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  ドルインデックス リアルタイムチャート

リピート系FXはレンジ相場以外は「大損する」は本当か?



     

このままでは大損? トラッキングトレード 検証 2017年7月24日


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


通貨ペアが「24」と豊富でNZドル円が取引可能、

取引間隔や値幅の設定が自分で出来る点が魅力の、

リピート系FXFXブロードネットの「トラッキングトレード」の

戦略と検証シリーズブログ記事・第44弾。

先週末時点での成績です。


トラッキングトレードは

ループ・イフダンと並行して、リアルマネーで運用中です。

ループ・イフダン検証シリーズ→ループ・イフダン検証


今回は前回の

NZドル円・豪ドル円ショート トラッキングトレード 検証 2017年7月17日から、

戦略の変更はありません。


土曜日にYouTubeにて、動画を公開していました。



トラッキングトレードを始める目安の資金はこちら



稼働中の戦略は4通貨ペアです。

現在稼働中の4つの戦略全て、自分で値幅設定をしました。

20170416トラッキングトレード検証米ドル円ロング

20170722米ドル円日足

米ドル円の買いの戦略を1,000通貨・ポジション間隔は19.8pips、

想定変動幅は「1,050」pips、最大ポジション数は「53」です。

20170715トラッキングトレード検証豪ドル円ショート

20170722豪ドル円日足

豪ドル円の売りの戦略を1,000通貨・ポジション間隔は16.9pips、

想定変動幅は「950」pips、最大ポジション数は「56」です。

20170715トラッキングトレード検証NZドル円ショート

20170722NZドル円日足

NZドル円の売りの戦略を1,000通貨・ポジション間隔は16.9pips、

想定変動幅は「950」pips、最大ポジション数は「56」です。

20170603トラッキングトレード検証ユーロドルショート

20170722ユーロドル日足

20170722ユーロドル月足

ユーロドルの売りの戦略を1,000通貨・ポジション間隔は20.4pips、

想定変動幅は「1,000」pips、最大ポジション数は「49」です。

チャート画像はメタトレーダー4のものです。 メタトレーダー4とは?


先週に買いから売りに転換しました、

NZドル円と豪ドル円。


豪ドル円は金曜日に大きく値を下げました。


が、NZドル円は高値圏でのもみ合いが続いています。

まだ、一段高の可能性も残していますね。


心配なのは、ショートポジションを持っている

ユーロドルの大きな上昇ですね。

月足で見ると、長らく続いた安値圏から脱して、

上値追いをしそうに見えます。


先週の約定履歴の一部はこちらです。

20170722トラッキングトレード検証約定履歴

今回は、よく動きました豪ドル円が稼ぎ頭でした。


先週末時点での口座残高、

確定損益や含み損益は、以下の状態です。

20170722トラッキングトレード検証口座残高

◆2016年12月15日   50万円で再スタート(リアル口座)

証拠金残高  2017年7月22日    85万49円

運用トータル実現損益          +35万49円

前回公開時比残高          +9,269円

含み損益            -13万6,446円(前回比-7万7,289円)

先週は、米ドル円が大きく下落、

ユーロドルが大きく上昇したこともあり、

含み損が一気に増えました

実質的には7万円弱の口座残高減です。


引き続き、戦略や検証結果などを

ブログ記事やYouTubeで公開していく予定です。

*投資に関する最終決定はご自身の判断と自己責任でお願いします


トラッキングトレードが利用できるFXブロードネットと、

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーンを開催中!

FXブロードネットタイアップの詳細

以下のバナーからの新規口座開設で特典付きです。

FXトレーディングシステムズ

上のバナーが表示されない方はこちら→FXブロードネット

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→FXブロードネット タイアップ

高性能スマホアプリはこちら→FXブロードネット スマホアプリ


リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  ドルインデックス リアルタイムチャート

リピート系FXはレンジ相場以外は「大損する」は本当か?



     

ループ・イフダン 検証 2017年7月21日


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


選ぶだけのFX&リピート系FX・両方で当ブログ人気NO.1

アイネットFXが提供します

ループ・イフダン」の戦略と検証シリーズ。


トラッキングトレードと並行して、

ループ・イフダンでも

リアル口座・リアルマネーで運用中です。

その検証ブログ記事・第43弾です。


今回はYouTubeにて、動画を先行公開済みです。 



バージョンアップでパワーアップしました、「ループ・イフダン」。

ループ・イフダンを始める目安の資金はこちら。



今回は、前回の

豪ドル円売りに転換!ループ・イフダン 検証 2017年7月14日から

戦略の変更はありません。


稼働中の戦略はこちらです。

20170714ループ・イフダン検証豪ドル円ショート

ループ・イフダン 豪ドル円S(売り)20」を合計5,000通貨、

最大ポジション数は「40」です。


先週金曜日から

本日(金曜日)の午後4時ごろまでに、

豪ドル円は以下のように動きました。

20170721ループ・イフダン検証豪ドル円日足

チャート画像はメタトレーダー4のものです。  メタトレーダー4とは?


昨日は材料もあり、89円台半ばまで上昇しました。

が、今日は要人の弱気な発言を受けて、

反落しました。


今回の約定履歴の一部です。

20170721ループ・イフダン検証約定履歴

二日分の上昇を帳消しにするような下落で、

一気に決済注文が成立しました。


本日、午後4時頃の時点での口座残高、

確定損益や含み損益は、以下の状態です。

20170721ループ・イフダン検証口座残高

◆2017年5月15日 50万円で再スタート(リアル口座)

2017年7月21日          63万6,685円

運用トータル実現損益    +13万6,685円

前回ブログ記事公開時比残高 1万2,194円

含み損益         -1万3,398円(前回比 -1万749円)

先週と比較すると

約定回数は増えたので

確定損益は増えていますが、

含み損は増えていますね。

実質的な口座残高増は約+1,000円ぐらいですね。


引き続き、戦略や検証結果などを

ブログ記事やYouTubeで公開していく予定です。

*投資に関する最終決定はご自身の判断と自己責任でお願いします



ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  iサイクル注文 ループ・イフダン 手数料比較 2017

リピート系FXはレンジ相場以外は「大損する」は本当か?



     

リピート系FXはレンジ相場以外は「大損する」は本当か?


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


リピートトレール注文 評判 リピート系FXとは言えない?に続く、

リピート系FX・トラップ系FXの初心者入門。


約76万円の利益

先月の私のリピート系FXの運用成績はこちら

トラッキングトレード 検証 2017年6月 運用成績 まとめ


先日、私が調べものをしている時に

リピート系FXはレンジ相場の時は良いが、

 レンジを抜けたら大損する
」欠陥品扱いをしている

FXブログを見つけました。


具体的にどのリピート系FXサービスを指しているのか?は

忘れてしまいましたが、

この情報は正しいとは言えません。

リピート系FXはレンジ相場以外は「大損する」は本当か?

以前にそもそもリピート系FXとは?

私がリピート系FXとして定義したものに以下があります。



リピート系FXはレンジ相場以外は「大損する」は本当か?2

追尾機能がある」ということです。


追尾機能・・・つまり、これから先に

為替が上がるのか?下がるのか?を選択して、

その方向に動いた時に追いかけてくれる仕組みの

リピート系FXであれば、

レンジ相場から抜けても、

想定した方向に為替が動いたなら、それは利益に繋がります


リピート系FXはレンジ相場以外は「大損する」は本当か?3

つまり「リピート系FXはレンジ相場を抜けたら大損する」は

正しくない情報ということです。


ですが、当然ながら、

選んだ方向性と逆に為替が動いた場合・・・

上がると想定したシステムを選び為替が下がった、

下がると想定したシステムを選び為替が上がったら、

それは損失に繋がるのでご注意ください



今回のブログ記事内容を

詳しくお話しました動画もYouTubeに公開済みです。

こちらです。




私が思うリピート系FXの条件を満たしている会社と、

その比較一覧はこちら→FX リピート系注文 比較


ループ・イフダン検証ブログ記事シリーズ

ループ・イフダン検証

トラッキングトレード検証ブログ記事シリーズ

トラッキングトレード評判・検証




ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


注目記事。  トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017

iサイクル注文 ループ・イフダン 手数料比較 2017  DMM FX レビュー



     

iサイクル注文 ループ・イフダン 手数料比較 2017


スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トラリピの手数料は高いのかiサイクル注文と比較 2017に続く、

リピート系FX2社の手数料・取引コスト比較記事。


今回も「トラリピ」と他社リピート系FXとの比較です。

参考記事→FX リピート系注文 比較


約76万円の利益が出た、先月の私の

リアル口座・リアルマネーのリピート系FXの成績公開

記事→トラッキングトレード 検証 2017年6月 運用成績 まとめ


今回は外為オンラインの「iサイクル注文」と、

アイネットFXの「ループ・イフダン」の取引コスト比較記事です。

外国為替証拠金取引の外為オンライン

iサイクル注文はスプレッド以外の手数料が発生します。
(*記事中盤に手数料無料キャンペーンの解説あり)


一方のループ・イフダンはスプレッド以外の

直接的な手数料ありません。


また、両者とも1,000通貨取引が可能なのですが、

1,000通貨取引時でも1万通貨取時でも、

手数料(取引コスト)は変わりません



まずは、外為オンラインの「iサイクル注文」の取引コストから。


iサイクル注文」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1万通貨版2017

2,000円-500円=1,500円の利益

取引コストは利益の4分の1ほどです。


次に「iサイクル注文」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1000通貨版2017

2,000円-500円=1,500円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


ですが、実はiサイクル注文は、

新規口座開設後90日間は

手数料無料キャンペーンを開催
しています。

新規注文、決済注文の往復が手数料無料です。

*以下、「キャンペーン期間」を「CP期間」と表記します


CP期間中に「iサイクル注文」で

米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1万通貨版2017CP期間中

2,000円-100円=1,900円の利益

取引コストは利益の約20分の1です。


次にCP期間中に「iサイクル注文」で

米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

iサイクル注文の取引コスト1,000通貨版2017CP期間中

2,000円-100円=1,900円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


キャンペーン期間中の

iサイクル注文の取引コストはかなり魅力的
です。

iサイクル注文が利用できる

外為オンラインの口座開設はこちらからどうぞ。

外国為替証拠金取引の外為オンライン


それでは私がリアル口座・リアルマネーで取引をしている

アイネットFXの「ループ・イフダン」はどうでしょうか。

検証ブログ記事シリーズ→ループ・イフダン検証


ループ・イフダン」で米ドル円で1万通貨取引1回、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

ループ・イフダンの取引コスト1万通貨版2017

2,000円-200円=1,800円の利益

取引コストは利益の約5分の1程度です。


次に「ループ・イフダン」で米ドル円で1,000通貨取引×10回(合計1万通貨)で、

20銭の値幅を獲得した場合の取引コストと、

利益は以下の図のようになります。

ループ・イフダンの取引コスト1,000通貨版2017改

2,000円-200円=1,800円の利益

1万通貨取引時と1,000取引時は取引コスト変わりません


ループ・イフダンの取引コストはかなり安いですが、

iサイクル注文のキャンペーン期間中の

手数料の方が有利という結果
になりました。


ですが、キャンペーン期間を過ぎると、

iサイクル注文より

ループ・イフダンの方が取引コストは有利になります。


当サイトリピート系FX・人気NO.1で

私もリアルマネーで運用中の

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


最新情報を随時更新中!

リピート系・トラップ系FX比較はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  トラリピの手数料は高いのかループ・イフダンと比較 2017

トラリピの手数料は高いのかトラッキングトレードと比較 2017



     

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム