スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也

スノーキーのFX比較・攻略ブログby小手川征也 Top > トライオートETF

【FXの始め方】

【FXと株の違い】

【FX必要資金の目安】

【新着記事】

【全記事を表示する】

【リピ系FX確定損益】

【上記期間の総額損益】

【管理人の利用FX口座】

【初心者向けFX会社】

【管理人の愛用ツール】

【FX業者レビュー】

FX・バイナリープションタグ

【サイト説明】

【管理人の著書】

スノーキーのブログ

トライオートETF デメリット 取引銘柄がよくわからない 情報量が少ない

 投稿日:2017.08.31 | 最終更新日:2017.09.02

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トライオートETF デメリット 銘柄数が少ないに続く、

インヴァスト証券の提供する

トライオートETF」の評判・評価・レビューブログ記事。


今回お伝えしますデメリットですが

26しかない銘柄のうち、

そのほとんどが聞きなれないものでよくわからない
です。


以下が、「トライオートETF」で

取引できる日本銘柄リストです。

トライオートETF銘柄一覧日本銘柄

TOPIXや日経225などは聞いたことの

ある方も多いかと思いますが、

以下の海外銘柄リストをご覧ください。

トライオートETF銘柄一覧海外銘柄

トライオートETF銘柄一覧海外銘柄2

SPDR® ゴールド・シェア

ウィズダムツリー・欧州・ヘッジド・エクイティ・ファンド

iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ETF

iシェアーズ ラッセル1000バリューETF

これらの中身が、

どのようなものかお分かりになりますでしょうか。

私は何か全くわかりませんでした


ETFとは、複数の銘柄

構成されていることが多いのが特徴です。

つまり、これらの中身は私たちのよく知らない

銘柄で構成されている可能性が高い
ということになります。

それが26銘柄の中の多くの銘柄です。

トライオートETFのデメリット聞きなれないものが多い

よくわからないものを投資対象にはできないので

それらの中身や値動きの特徴などを

1から勉強をする必要が出てきます。


また、これらの銘柄群の情報量が

為替・・・例えば「米ドル円」と比較して、

多いと思いますか?


海外銘柄の方が成長性が高そうなので、

是非取引がしてみたい
」という方にとっては

魅力的なのかもしれませんが、

私の個人的な意見として、

よくわからない・情報量の少ないものに投資はしたくないと思いました。

FXで十分だなと。


さらに続きがあるのですが、

また別記事で公開をしたいと思います。



リピート系FX比較一覧表はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  積立FXとは?  積立FX いくらから 必要資金

SBI FX 自動   sbi証券fx sbifxトレード 違い



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

トライオートETF デメリット 銘柄数が少ない

 投稿日:2017.08.29 | 最終更新日:2017.09.02

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トライオートETF デメリット レバレッジが低いに続く、

インヴァスト証券の提供する

トライオートETF」の評判・評価・レビューブログ記事。


以前にトライオートETF 評判 早い話が「リピート系CFD」

お伝えしましたが、

トライオートETF」はCFDの仕組みを使っていて、

その中でETFに銘柄をしぼったものなのです。


今回お伝えしますデメリットは、

トライオートETF」はCFDとして見た時に、

銘柄数が「26」と少ないのがデメリットです。

トライオートETFデメリット銘柄数が少ない

例えばGMOクリック証券【CFD】なら、

136銘柄が取引できます。

日本225訴求

また、IG証券株式会社なら

なんと8,000銘柄が取引可能です。




ただ、今回銘柄数の比較対象とした2社では

リピート系注文・自動売買ができませんので、

ご注意ください(*ブログ記事投稿時点での情報です)。


まあ、リピート系注文・自動売買がしたいとしても、

多くの会社がサービスを提供していて、

競争原理が起きているFXでいいのでは?
と思います。



リピート系FX比較一覧表はこちら→FX リピート系注文 比較


ループ・イフダン検証記事→ループ・イフダン検証

トラッキングトレード検証記事→トラッキングトレード評判・検証


注目記事。  fx-on 個人情報流出 クレカ iTunes

SBI FX 自動   sbi証券fx sbifxトレード 違い



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

トライオートETF デメリット レバレッジが低い

 投稿日:2017.08.25 | 最終更新日:2017.09.02

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トライオートETF デモ口座に続く、

インヴァスト証券の提供する

トライオートETF」の評判・評価・レビューブログ記事。


メリットに関しては

トライオートETF」で検索した時に、

インヴァスト証券の公式系のブログなどが

たくさん出てくるので、

第3者視点の私のブログでは

公式系では書きにくいデメリットを多く伝えていこうと思います。


デモ口座がないというのもデメリットではあります。


本題に入ります。

以前にトライオートETF 評判 早い話が「リピート系CFD」

お伝えしましたが、

トライオートETF」はCFDの仕組みを使っていて、

その中でETFに銘柄をしぼったものなのです。


トライオートETF」がCFDだと見ると、

最大レバレッジ5倍は低いというのがデメリットです。

トライオートETFデメリットレバレッジが低い

例えばGMOクリック証券【CFD】なら、

銘柄次第ではレバレッジ最大20倍で取引も可能です。
(*ETF銘柄は最大レバレッジ5倍)


トライオートETF」は、

実質的に「リピート系FXCFD」と言ってもいい仕組みですが、

最大レバレッジ5倍は低いです。


同様のリピート系注文ができるFXなら、

最大レバレッジ25倍
での取引が出来るので、

資金効率を高めた取引をすることが可能です。


また、最大レバレッジが高いと言っても、

ハイレバレッジでするか?しないか?は自由です。

選択肢があるかどうか?が重要なポイント
です。


また、リピート系注文という点で考えると、

多くの会社がサービスを提供していて、

競争原理が起きているFXで私は取引がしたい
と思います。



リピート系FX比較一覧表はこちら→FX リピート系注文 比較


ループ・イフダン検証記事→ループ・イフダン検証

トラッキングトレード検証記事→トラッキングトレード評判・検証


注目記事。  fx-on 個人情報流出 クレカ iTunes

FXは上か下かの二者択一なのにどうして負ける人が多いのか?メンタル



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

トライオートETF デモ口座

 投稿日:2017.08.12 | 最終更新日:2017.09.02

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


トライオートETF 評判 早い話が「リピート系CFD」に続く、

インヴァスト証券の提供する

トライオートETF」の

評判・評価・レビューブログ記事。


インヴァスト証券いわく、

日本人の6%しか知らない」らしいETF。


実質的に「リピート系FXCFD」と言ってもいい、

トライオートETF」ですが、

実際にどれぐらいの証拠金が必要か?

その証拠金に対してどれぐらいのリターンがあるのか?

私たちが最も大事な知りたいことの

リスクはどの程度なのか?
を知るためにも

本番・リアル口座の前に「トライオートETF」でまずは

デモ・バーチャル口座で試してみたいという方は

大勢いらっしゃるのでは?

トライオートETFデモ口座

残念ながら、

トライオートETF」にデモ口座はありません


多くのリピート系FXで、

デモ口座が用意されていることを考えると、

少し不満ですよね・・・。


確かインヴァスト証券の提供する

トライオートFX」もデモ口座がなかった気が・・・。


デモ口座を提供するには、

サーバー代金や、

もろもろのコストがかかるはずなので、

そこにお金をかけないというのも

企業としての戦略の一つなのでしょうね。

他の面へのコスト負担を期待したいと思います。



デモ口座のあるFX業者比較はこちら→FX デモ口座 比較

リピート系FX比較一覧表はこちら→FX リピート系注文 比較


注目記事。  fx-on 個人情報流出 クレカ iTunes

選ぶだけのFX  FX1000通貨比較  みんなのFX タイアップ



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

トライオートETF 評判 早い話が「リピート系CFD」

 投稿日:2017.08.09 | 最終更新日:2017.09.02

スノーキーのFX比較・攻略ブログの管理人の

小手川征也(こてがわゆきや)です。  FX業者比較まとめはこちら


インヴァスト証券が社運をかけて?

提供をスタートしました「トライオートETF」。


日本人の94%が知らなかった」だったか

日本人の6%しか知らない」だったか(同じ意味ですね)の

キャッチコピーが印象的でした。


知らなかった」のではなく、

興味がなかった」の間違いでは?と

心の中でつっこんでいました。


私自身、「ETF」の存在は知っていましたが、

詳しく知ろうと思ったこともありませんでしたし、

また、それを取引しようとは思いませんでした。


ですが、興味をお持ちの方もいらっしゃると思いますので、

このブログでは「トライオートETF」に関する

評判・評価・検証ブログ記事を

シリーズで公開していきたいと思います。


トライオートETFに興味を持たれた方の多くが思ったこと、

それは「トライオートETFって結局何???」だと思います。


私なりの解釈で一言でお話しました動画を

Youtubeにすでに投稿済みです。



この動画の中で表現しました一言は

トライオートETFは、

リピート系FXではなく

リピート系CFD」です。


もう少し詳しく言いますと、

銘柄の限定された、

レバレッジの低い(5倍)の

「自動売買」のできる「CFD」
です。


CFD自体は、10年近く前から

日本でサービスの提供されているものなので

特に目新しさはありません。

そこに「自動売買(リピート系)」の要素をミックスさせたものですね。


CFDの解説はこちら→CFDとは?


一番気になる点は、

FX業者であるインヴァスト証券が

どうして為替じゃなくて、

株価指数に取引できるサービスに力を入れるんだ
ということです。


為替に関しては、

使い勝手の良いリピート系FXが

日本国内で多数提供されているので

そちらで良いような気もしますけどね・・・。

リピート系FX比較一覧表はこちら→FX リピート系注文 比較


トライオートETFのメリット・デメリット、

私がやらない理由などについては、

また後日詳しくブログ記事で公開したいと思います。



*追記 第2弾記事はこちら

トライオートETF デモ口座


私もリアル口座・リアルマネーで運用中!

ループ・イフダン」が利用できるアイネットFXと

スノーキーのブログ限定タイアップキャンペーン中です!

タイアップ専用バナーからの新規口座開設で2大特典付きです。

ループ・イフダンタイアップの詳細2016年11月25日以降

タイアップバナーはこちら。

アイネット証券

上のバナーが表示されない方はこちら→アイネットFX

タイアップキャンペーンの詳細はこちら→アイネットFX タイアップ


注目記事。  マネースクウェア・ジャパン 個人情報漏えい続報と行政処分

iサイクル注文 選ぶだけのFX ランキングに「トレンド」機能が



◆その他の記事一覧  ◆トップページへ

     

【YouTubeチャンネル】

【限定タイアップ一覧】

カテゴリ

リンク

管理人プロフィール

【サイトポリシー】

【ご注意・免責事項】

RSSリンクの表示

アクセス解析

ブロとも申請フォーム